トレヴァー・ホーンとアート・オブ・ノイズ、来日公演決定!

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/06/27

メインで使用_IMG_4445-Edit(WEB用)

トレヴァー・ホーン

1980年代から現在に至るまで、ポップスからロックの歴史に輝かしい功績を残すトレヴァー・ホーンの来日公演が決定した。バグルズやイエス、アート・オブ・ノイズ、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、t.A.T.uなどを手掛け、ワールドワイドな活躍を見せるスーパー・プロデューサー、トレヴァー・ホーン。2012年の来日公演では自身のヒット曲満載のステージを披露した。今回は元10ccのロル・クレームなど、熟練メンバーとともに再び最高のステージを繰り広げてくれることだろう。

 

【公演情報】
■日時:2017年8月22日(火)〜8月23日(水)1stステージ開場17:30 開演19:00 2ndステージ開場20:45 開演21:30
■予約受付開始:会員 6/15(木)、一般 6/22(木)
■料金:サービス・エリア 9,400円 カジュアル・エリア 7,900円(※カジュアルのみワン・ドリンク付)

 

サブ_RS35230_trevor_horn_band_hires(WEB用)

▲来日予定のバンド・メンバー。左からロル・クレーム、トレヴァー・ホーン、アッシュ・ソーン、サイモン・ブロアーなど

 

 

アート・オブ・ノイズ

英国随一のスーパー・プロデューサー集団=アート・オブ・ノイズが、昨年30周年を迎えた名盤『イン・ヴィジブル・サイレンス』のリブート・ツアーで来日公演することが決定した。1984年に“ZTTレコーズ”所属の覆面ユニットとして『誰がアート・オブ・ノイズを…』でデビューした彼ら。当時、進化の真っ只中にあった電子音楽シーンの最重要グループの一つとして、ポップ・ミュージックと前衛音楽が融合する独自のサウンドを確立した。そんな彼らが今回オリジナル・メンバーで再集結&再構築した音世界は、一聴の価値あり。

ちなみにオリジナル・メンバーのアン・ダドリーは、アート・オブ・ノイズのヒット曲をピアノでアレンジし、サンプリングやエフェクト処理なども取り入れたアルバム『プレイズ・アート・オブ・ノイズ』を5月にリリースしたばかり。そのインタビュー内容はサウンド&レコーディング・マガジン8月号に掲載されている。

約30年という歳月を重ねて演奏される彼らの楽曲は、どのように解釈され、どのような音を聴かせてくれるのだろうか。ぜひ会場へ足を運んでみてほしい。

 

【公演情報】
■タイトル:Dudley Jeczalik Langan reboot Art of Noise’s In Visible Silence
■日時:2017年9月2日(土)1stステージ開場15:30 開演16:30 2ndステージ開場18:30 開演19:30
2017年9月4日(月)1stステージ開場17:30 開演19:00 2ndステージ開場20:45 開演21:30
■予約受付開始:会員 6/28(水)、一般 7/5(水)
■料金:サービス・エリア 9,500円 カジュアル・エリア 8,000円(※カジュアルのみワン・ドリンク付)

 

【公演に関しての問合せ】
■ご予約・お問合せ:03-3405-1133
■その他チケット取扱い:電子チケットぴあ・eプラス
■会場:ビルボードライブ東京(東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F)
■Web:www.billboard-live.com

 

TUNECORE JAPAN