専修大学にて近藤等則、ペーター・ブロッツマン、ポール・ニールセン・ラヴが共演する無料コンサート開催。事前予約登録についてのお知らせ

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/03/30

unnamed-2

専修大学文学部哲学科では、公開講座「パフォーミング・アーツと哲学」の第3回として、即興演奏の無料コンサートを行う。出演は、フリー・ジャズの世界的なプレーヤー、テナーサックスのペーター・ブロッツマン氏(ドイツ)、ドラムスのポール・ニールセン・ラヴ氏(ノルウェー)、日本の代表的な即興演奏家であるエレクトリック・トランぺッターの近藤等則氏の3人。入場は無料で、事前予約登録が必要。4月1日(土)からインターネットで予約受付を開始する。

 

専修大学文学部哲学科公開講座
第3回「哲学とパフォーミングアーツ」

 「音の哲学に向けて」

開催日 2017年4月23 日(日)

時間 開場 14:30〜 開演 15:00〜

場所 専修大学生田キャンパス新 2 号館アクティブ・スタジオ
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田 2-1-1 (アクセス詳細はこちら

出演 ペーター・ブロッツマン(テナーサックス、クラリネット)、ポール・ニールセン・ラブ(ドラムス)、近藤等則(エレクトリック・トランペット)

トーク・司会

専修大学文学部哲学科 大学院文学研究科哲学専攻 教授 伊吹 克己(いぶき かつみ)
専修大学文学部哲学科 大学院文学研究科哲学専攻 教授 金子 洋之(かねこ ひろし)

入場料 無料(要事前予約)

定員  200 名

参加申込予約フォーム http://toshinorikondo.com

予約開始 2017 年 4 月 1 日(土)10:00 より

 イベント詳細Webサイト
http://www.toshinorikondo.com/senshu2017/

unnamed-1

 

TUNECORE JAPAN