ソニー・ビル8階オーパス最後の来場者参加型音楽イベント『エレクトリカル アンサンブル -ソニーを奏でる、みんなで奏でる-』開催

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2017/03/03

sony-opus-a

ソニーは、2017年4月より解体が始まる銀座ソニー・ビルの8階コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)にて、ソニー・ミュージックアーティスツ所属のアーティスト Open Reel Ensemble(オープン・リール・アンサンブル)とコラボレーションしたファイナル。イベント「エレクトリカル アンサンブル -ソニーを奏でる、みんなで奏でる-」を3月6日(月)〜3月31日(金)まで開催する。

円形のイベント・スペースに、Open Reel Ensembleのメンバーの監修の下、ソニーの初代ウォークマン「TPS-L2」やハンディカム「FDR-AX100」など、ソニーの製品が設置され、これらに触れる、手をかざす、ボタンを押すなどの動作によって、エレクトリックな音色を奏でることができる。

さらに、来場者が奏でた音色は毎回アーカイブされ、Open Reel Ensembleが3月30日(木)にその一部を演奏にミックスし、OPUSでのフィナーレとなるライブ演奏を披露する。

 

イベント情報

2017年3月6日(月)~3月31日(金)
11:00~19:00 入場無料
※3月6日(月)は14:00より一般公開

開催場所
東京・銀座 ソニービル8F コミュニケーション・ゾーン OPUS(オーパス)

イベントWebサイト
http://www.sonybuilding.jp/eventspace/opus/electricalensemble/

 

 

TUNECORE JAPAN