4000万曲以上が自由に楽しめるSpotifyが一般公開。さらにShazamとのパートナーシップも提携

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/11/10

SPOTIFY_JP_PRODUCT_OVERVIEW

音楽ストリーミング・サービスSpotifyは、国内においてサービスの一般公開を開始した。すでに、9月29日より、エントリー制によるサービスが始まっていたが、本日より誰でもSpotifyを自由に楽しむことができるようになった。広告付きのフリー・プランと月額980円のプレミアム・プランから選べ、機能の違いはあるものの、どちらもアクセスできる曲数には変わりはない。PlayStation3/4、ONKYO、SONY、TECHNICS、DENON、PIONEER、BOSE、YAMAHAなど100種類以上の対応デバイスを使ってSpotifyを楽しむことができる。

さらに音楽認識サービスShazamとのパートナーシップも提携。SpotifyユーザーはShazamアプリからSpotifyを通じて楽曲を聴いたり、Spotify上のプレイリストに楽曲を追加することができるようになった。

 

スポティファイジャパン株式会社、代表取締役社長の玉木一郎氏は次のように語っている。「世界で最も多くのユーザーに支持されている音楽ストリーミング・サービスのSpotifyが、いよいよ本日より日本のすべての音楽ファンの皆様にご利用いただけるようになったことを喜んでおります。我々はオーディオやゲーム、テレビ、車、ソーシャル・メディアなどを始めとするさまざまな分野のリーディング企業とパートナーシップを通じ、日本のすべての音楽ファンの皆様に、いつでもどこでも、革新的な音楽体験をお届けして参ります」

 

▲11月10日の記者説明会でのSpotify Japan代表取締役社長、玉木一郎氏

▲11月10日の記者説明会でのSpotify Japan代表取締役社長、玉木一郎氏

TUNECORE JAPAN