ティム・デ・パラヴィッチーニの解説と共に歴史的名盤をアナログで楽しめる空間がフジロック・フェスティバル’16に出現

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/07/01

tim-de-paravicini

オーディオ・ブランドEARの創設者“ティム・デ・パラヴィッチーニ”が、フジロック’16のカフェ・ド・パリにてアナログ・レコードの試聴イベントを開催する。彼自身が選び抜いたヨーロッパ・メーカーのハイエンド・オーディオ・システムで、ティムの機材を実際に使用してカッティングされた歴史的名盤を彼自身の解説と共に楽しむことができる。
 

Tim003

▲ティム・デ・パラヴィッチーニ


 

使用予定機材

・EAR 912(プリアンプ)
・EAR 509(パワー・アンプ)
・Nottingham Analogue Studio " Dais "(アナログ・プレーヤー)
・Clearaudio " Goldfinger Statement "(MCカートリッジ)
・TAD Evolution One(スピーカー・システム)
・ Tim De Paravicini カスタム・テープ・マシン
(2トラ38オープン・リール・テープ・デッキ)

候補音源

・Mark Knopfler ” The Long Road “(1984)
・Moussorgsky ” The Power of the Orchestra ” (Chesky Records reissue) (1984)
・Ana Caram ” Rio After Dark ” (1989)
・Ry Cooder and Vishwa Mohan Bhatt : ” A Meeting by the River ” (1993)
・Pink Floyd “Echoes – The Best of Pink Floyd” (2001)
・Procol Harum “A Whiter Shade of Pale” (Classic Records reissue )(2003)
・Marvin Gaye ” What’s Going On ” (Mobile Fidelity reissue) (2009)
・Little Feat ” Waiting For Columbus ” (Mobile Fidelity reissue) (2010)
・The Grateful Dead ” Live ” (Mobile Fidelity reissue) (2011)
・Frank Sinatora ” Sinatra’s Swingin’ Session!!! (Mobile Fidelity reissue) (2012)
・The Band ” Music From Big Pink ” (Mobile Fidelity reissue) (2012)
・Rickie Lee Jones ” Rickie Lee Jones ” (Mobile Fidelity reissue) (2013)
・The Allman Brothers Band ” Eat a Peach ” (Mobile Fidelity reissue) (2013)
・Count Basie ” Live at the Sands ” (Mobile Fidelity reissue) (2013)
・Miles Davis ” Bitches Brew ” (Mobile Fidelity reissue) (2014)
・Dire Straits ” Brother in Arms ” (Mobile Fidelity reissue) (2015)
 

イベント詳細

カフェドパリ・アナログ・アワー〜「KING OF TUBES」ティム・デ・パラヴィッチー二の軌跡〜
会期:2016年7月23日(土)19:30〜21:30
場所:フジロック・フェスティバル’16 Café de Parisエリア

※フジロック・フェスティバル’16についての開催内容、料金等については以下のサイトにてご確認ください。
フジロック・フェスティバル’16Webページ
http://www.fujirockfestival.com/

 

 

TUNECORE JAPAN