5月27日はTECHNOBOYSがゲスト参加。MAと音楽クリエイターに向けた2days!AVID クリエイティブ・サミットを開催

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/05/18

creativesummit2016_jp_1920x1080

AVIDは5月26日と27日の2日間、AVID クリエイティブ・サミットを開催する。

去る5月13日、ライブサウンドに焦点を当てた“AVID クリエイティブ・サミット”が開催されたばかりだが、1日目はポスト・プロダクション、2日目はミュージック・クリエートにフォーカスを当てたセミナーが行われる。
5月27日(金)のミュージック・クリエーター向けのセミナーでは、ゲストにTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND佐藤 純之介氏を迎え、クラウド・コラボレーション作業でクリエイトされた新曲の制作過程をデモンストレーションする。司会は本誌編集人の國崎晋。

 

2016年5月26日(木)

AVID Creative Summit for MA

Pro Tools 12.5、S6に搭載されたMA(オーディオ・ポスト・プロダクション)向け最新機能 / ソリューションにフォーカスしたセミナーを実施。

会場: Future Seven
港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F (アクセス

 

第一部 13:30~16:00
AVID SIパートナー・S6ソリューション・セミナー

AVID最新製品情報及び、AVIDソリューション・パートナーによるS6国内導入事例を元にしたお客様のニーズに適したシステムを詳しく解説。
→ 登録はこちら

第二部 
17:00~18:30
AVID S6 「ポストDSPコンソール」 セミナー

AVID USから来日するリッチ・ニーブンスによる「ハリウッド・ポスプロ・コンソール最新事情」「S6 v2.2最新機能」「S6+DaDコンソール・ワークフロー」のプレゼンテーション。最新製品情報及びPro Tools 12.5機能もご覧いただける。
→ セミナーと懇親会の登録録はこちら -   |  → セミナーのみ登録はこちら - 

 

2016年5月27日(金)

AVID Creative Summit for Music

AVIDクラウド・コラボレーションを中心とした、Pro Tools12.5の音楽制作向け機能やソリューションにフォーカスしたセミナー。

会場: Future Seven
港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F (アクセス

第一部
12:00~17:00
Pro Toolsミュージック・クリエイション・セミナー

Softube、RME、iZotope、Waves、Native Instrumentsや、Plugin-AllianceなどPro Tools用のミュージック・クリエーション・ツール紹介の他、Pro Toolsを音楽制作で活用しているアーティスト/エンジニアが奥義を語る。
→ 登録はこちら

第二部
18:00~21:00
Pro Tools 12.5 Avidクラウド・コラボレーション・セミナー

Avidによる最新製品情報及びPro Tools 12.5機能紹介および、ゲスト・アーティスト「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND」とプロデューサーの佐藤純之介氏が、クラウド・コラボレーション作業でクリエイトされた新曲の制作過程をデモンストレーション。司会進行は本誌編集人・國崎晋。ミュージック・クリエイターにとってのクラウド・コラボレーションの可能性を探る。
→ 登録はこちら

 

ゲスト・アーティスト

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

technoboysapict1_6-1


1994年、TECHNOBOYS として結成。各自のソロ活動や、他メディアへの提供経験を経て、2005年、フランスの映像会社『Le Pivot』PV曲のリミックスからTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND として活動。2006年、1st.album 『music laundering』を発表。Claude Young によるリミックスや海外コンピレーションCD参加曲も収録。2014年には8年振りとなる。セカンド・アルバム『good night citizen』を発表。ハイレゾでのリリースも行い、ロングテールなセールスを記録。2007年、映画『EX MACHINA -エクスマキナ-』にて、音楽監修、細野晴臣の抜擢により、『LOST SECOND』を提供。同作品のオリジナル・サウンド・トラックにも収録される。

2014年、TVアニメ『ウィッチクラフトワークス』の劇伴とED『ウィッチ☆アクティビティ』の制作を担当。アニメーションと共に話題となり、関連CDは好調なセールスを記録。同年、TVアニメ『トリニティセブン』の劇伴、4種のED曲がアニメ、オーディオ界隈で高い評価を得て、セルフREMIXアルバム等、7枚を数える関連CDが制作された。

2015年、10月クールにおいてはソロ活動も含めTVアニメ6作品に携わり、劇伴も担当したTVアニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』のED曲『打ち寄せられた忘却の残響に』は自身初となるメジャーレーベル(LANTIS)からのシングルリリースとなった。また、TVアニメ『おそ松さん』のED『SIX SAME FACES』『SIX SHAME FACES』は大きな話題となった。

 

ゲスト・プロデューサー

sato_san_1

佐藤 純之介 
音楽プロデューサー/エンジニア

YMOに憧れ90年代後期よりテレビや演劇の音楽制作の仕事を始め、2001年に上京。レコーディング・エンジニアとして市川由衣、上戸彩、玉置成実、Sowelu等J-POPの制作に参加し、2006年、アニソン・レーベル株式会社ランティスに入社。ディレクター兼A&Rとして10組以上のアーティストの発掘、デビューまでを手がける。2011年ランティスの音楽制作部が独立し株式会社アイウィルを設立。アイウィル制作部のプロデューサー、ディレクター、エンジニアとして、アニソンのみならず、他のレーベル作品やインディーズ作品、劇伴等を含め年間約300曲弱の制作に携わっている。

 

TUNECORE JAPAN