シンガー・ソングライターの玲里が、初のセルフ・プロデュース・アルバム『OPEN WORLD』をリリース

NEWS by キーボード・マガジン編集部 2016/05/12

A1YtEyMUvfL._SL1500_

シンガー・ソングライター玲里(Rayli)が、3rdアルバム『OPEN WORLD』を5月11日にリリースした。

作詞・作曲に加え、編曲まで玲里自らが手がけたという本作は、全15曲を収録。1st、2ndアルバムのプロデューサーでもあったキーボーディストの難波弘之をはじめ、土屋昌巳、織田哲郎、佐橋佳幸、屋敷豪太、そうる透といった20名以上の錚々たるミュージシャンたちが参加する。

幼少期からジャンルレスに音楽を聴き、中でも60年代、70年代のブリティッシュ・ミュージックやプログレッシブ・ロックから大きな影響を受けたという玲里だが、そのテイストはアルバム全編に散りばめられている。ウォームなボーカルが紡ぐメロディは耳馴染み良く、歌モノ作品として聴ける一方、さまざまな楽器が重なり合うアンサンブルは実に巧みなもの。またピアノ、オルガン、シンセなど鍵盤サウンドが満載で、キーボード・アルバムとしても楽しめる内容になっている。

6月17日(金)には、本作の発売記念ライブ“OPEN WORLD -玲里 3rd Album Release”が、東京・代官山 晴れたら空に豆まいてにて開催。

 

『OPEN WORLD』 PROG STAR RECORDS:PSRC-8801

1.不透明 2.嵐の丘 3.宣誓 4.OPEN WORLD 5.時の砂 6.Here’s To Us 7.Santa Lolita 8.少年少女 9.ラビリンス 10.Candy 11.シュガー・ベイビー 12.Vampire 13.Space 14.静かの海  15.虹のふもと(Album Version)

<参加ミュージシャン> 難波弘之/土屋昌巳/織田哲郎/北島健二/佐橋佳幸/ 吉良知彦/日下部”Burny”正則/徳永暁人/安部一城/ 宮里陽太/YUHKI/忍田耕一/伊藤広規/小室和幸/松本慎二/根岸孝旨/そうる透/屋敷豪太/ 高橋”Roger”和久/森信行/小笠原拓海/飯尾芳史 他

 玲里オフィシャル・サイト

TUNECORE JAPAN