ワーナー ・ミュージック・グループがMQAサポートを表明

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/05/10

thumb_405_default_big

ミュンヘンのHigh End 2016にて、ワーナー・ミュージック・グループ(WMG)がMQA社と長期のライセンス契約を結んだことが発表された。MQA(Master Quality Authenticated)は、元ファイルのクオリティを下げずに、ファイル・サイズを小さく圧縮することができる新しいロスレス・フォーマット。ハイレゾ音源を非常に小さいファイル・サイズで安定した伝送が行えるというメリットから、現在オーディオ業界で注目されている。MQAが大手音楽会社であるWMGと契約したことにより、MQAのグローバルな展開が期待できる。今後の動向に注目していきたい。

MQAニュース
http://www.mqa.co.uk/customer/news/post/warner-mqa-deal
ハイレス・ミュージック株式会社
http://www.hires-music.jp/

 

 

TUNECORE JAPAN