「東京春祭マラソン・コンサート」「ベルフィン・フィルのメンバーによる室内楽」のDSDライブ・ストリーミングが決定

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/03/24

primeseat

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、上野で開催されている「東京・春・音楽祭2016」における一部の公演をDSDライブ配信することを発表した。

以下IIJサイトより抜粋

 

DSDライブ配信スケジュール

4月3日(日)11:00~

東京春祭マラソン・コンサート vol.6 Variations(変奏) ― 変容する音楽 

  • 11:00~第1部 《聖なる存在》の変容
    J.S.バッハ:キリストの昇天によってのみ
    レーガー:J.S.バッハのテーマによる変奏曲とフーガ ほか
  • 13:00~第2部 《オペラ》の変容
    ヘンデル:私を泣かせてください
    リスト:リゴレット・パラフレーズ ほか
  • 15:00~第3部 《英雄》の変容
    ベートーヴェン:交響曲 第3番 変ホ長調 op.55《英雄》より 第4楽章
    クレメンティ:ピアノ・ソナタ ト短調 ほか
  • 17:00~第4部 《サロン》の変容
    ハイドン:交響曲 第94番 ト長調 《驚愕》より 第2楽章
    バダジェフスカ:乙女の祈り 変ホ長調 ほか
  • 19:00~第5部 《変奏曲》の変容
    ワーグナー:ハルモニウムとピアノのための二重奏曲「聖杯城への行進」
    ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 op.98 より 第4楽章 ほか

[各回約60分]
※ライブ配信の終了時刻は、20:30頃の予定。

 

4月9日(土)19:00~

ベルリン・フィルのメンバーによる室内楽
~ノア・ベンディックス=バルグリー(第1コンサートマスター)、オラフ・マニンガー(ソロ・チェロ 奏者)&オハッド・ベン=アリ(ピアノ)

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 op.49
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 op.50 《偉大な芸術家の思い出に》
(※)詳細は下記サイトをご覧ください。
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_3339.html

 

DSD音源を再生するには、PC(Windows/Mac)と専用ソフトウェア「PrimeSeat」、および対応DAC(D/Aコンバーター)が必要。ただしDACがなくても端末機器の再生能力に応じた音質に自動コンバートし再生可能。

 

詳細については、下記をご参照ください
http://www.iij.ad.jp/news/information/2016/0324.html

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2016-
http://www.tokyo-harusai.com/

 

PrimeSeatとは

インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する、ハイレゾ音源のライブ・ストリーミングサービス。視聴用ソフトウェア「PrimeSeat」は無料でダウンロード可能。またコンテンツ配信業者は「PrimeSeat」でハイレゾ音源のライブ・ストリーミング配信のプラットホームとして使用することができるが、使用料は個別見積もりとなる。DSD再生に対応したDACを使用することで、DSDライブ・ストリーミングを聴くことが可能。DACがなくてもダウンコンバートされた音声での再生が可能。

http://primeseat.net/ja/
primeseat

 

PrimeSeat関連記事
■「DSDライブ・ストリーミング」が開く可能性
http://rittor-music.jp/sound/column/root_column/38938

■世界初のハイレゾ音源によるライブ・ストリーミング・サービス「PrimeSeat」
http://rittor-music.jp/news/2015/12/48090

 

 

TUNECORE JAPAN