2月20日(土)・3月26日(土)東京・渋谷にて”松武秀樹とシンセサイザー”出版記念トーク・セミナー開催

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2016/02/03

matsutake

4人目のYMOと呼ばれた男、松武秀樹の35年ぶりの書籍「松武秀樹とシンセサイザー」の出版を記念した、トーク・セミナー『松武秀樹とシンセサイザー』が開催される。

1回目の2月20日(土)は「松武秀樹の音楽人生」をテーマに、本の内容を題材にさらに深く掘り下げてシンセサイザー・プログラマーとしての職業観や多くのシンセサイザーとのかかわり方、またライブの裏話などが中心。

2回目の3月26日(土)は「松武秀樹が語る~シンセサイザープログラマー昨日・今日・明日」をテーマとする予定。
 
 
「松武秀樹とシンセサイザー」トークセミナー

講師
 松武秀樹

会場
 トート音楽院渋谷( http://www.thoth.co.jp/ )セシャトホール

日時

2月20日(土)18:30~20:00「松武秀樹の音楽人生」
3月26日(土)18:30~20:00「松武秀樹が語る~プログラマー昨日・今日・明日」

定員 
40名(事前申し込み、定員なり次第締め切り)

受講料
 各2,000円(税込み)

申し込み先

公益財団法人かけはし芸術文化振興財団ホームページ
http://kakehashi-foundation.com/form_k_2016_02_20a/mailform.php

主催:公益財団法人かけはし芸術文化振興財団
協力:トート音楽院

 

関連製品

松武秀樹とシンセサイザー「限定愛蔵版」MOOG III-Cとともに歩んだ音楽人生

定価
4,104円(税込)
仕様
B6 / 224ページ / 並製
発売日
2015年11月

Amazonから購入

TUNECORE JAPAN