“ベースの日”前後に行なわれた、各楽器店イベントをレポート!

NEWS by BM編集部 2015/11/17

bassdayevent

今年から始まった“11月11日=ベースの日”に合わせて、各楽器店がさまざまなベースのイベントを実施した!

ここではその模様をレポートしていこう。

Photo:池部楽器店(※)

 

11月6日(金)

作曲ベーシスト座談会 ~藤森 真一(藍坊主)、廣瀬成仁(nicoten)とベーシスト仲間との集い~(イケベ楽器店 ベースステーションリボレ秋葉原)

1106

イケベ楽器店が企画するThe Bass Day Special Event Weekの幕開けとなったのが、“作曲ベーシスト座談会”。廣瀬成仁(nicoten)を司会に“作曲ベーシスト”として藤森真一(藍坊主)、SHIZUKA(Chelsy)、ミナミトモヤ(楽曲作家)が並び、ホワイトボードを使って、自らの作曲プロセスを解説。日頃から曲作りを行なっている4人だが、そのメソッドはどれも個性的だった。完成楽曲とデモを聴き比べるコーナーもあり、作曲を志すベーシストにとってのヒントにあふれたトーク・セッションとなった。

 

11月7日(土)

Sadowsky TYOチーフルシエ菊地嘉幸の”THE メンテナンス塾 -Sadowsky解体新書編-” & TYOオーダー相談会(イケベ楽器店 グランディベース東京)

1107-1

サドウスキーTYOのチーフルシエ菊地嘉幸氏が開催する“メンテナンス塾”。今回は“Sadowsky解体新書編”として、特にカタログからは読み取れない同ブランドの魅力・秘密を特別に披露してくれた。目のとり方やウェイトを重要視しているという木材の扱いについて、アクティヴ回路についての独自の理論、ニューヨーク・メイド・モデルと国産モデルの違いなどを、柔らかい口調でじっくりと語ってくれた。普段ユーザーとは接点が少ない楽器製作家の話は、興味深いテーマばかりである。

 

岡峰光舟 (THE BACK HORN) ベース講習街道 月月火水木金金 Vol.3」Supported by MOON GUITARS(イケベ楽器店 グランディベース東京)

1107-2

The Bass Day Special Event Weekの3つ目は、THE BACK HORNの岡峰光舟によるスペシャル・セミナー“ベース講習街道 月月火水木金金 Vol.3”が開催された。ベースレス音源を使ったデモ演奏や奏法解説、シグネイチャー・ベースの紹介など、岡峰の“今”を全網羅した内容で、特にハンディカメラで各ペダルを会場のモニターに映しつつ、それぞれを導入した経緯、セッティングの意図を解説したボード紹介のコーナーには、来場者が釘付けだった。

 

11月7日(土)ベースセンター スペシャルインストアデイ(クロサワ楽器日本総本店 ベースセンター)

G&L presents:ベース女子企画KARIN(a DROP OF JOKER) with mi-ya(a DROP OF JOKER)

1107kurosawa1

クロサワ楽器のイベント第1弾は、“ガールズ・エレクトロ・メタルコア・バンド”a DROP OF JOKERのKARINによる、G&LのL-2500を使ったデモンストレーションだ。同バンドのギタリストmi-yaとともに登場し、バンドのトラックに合わせて3曲をプレイ。まだL-2500を手にして日の浅いKARINだったが、“すごく弾きやすい”と語っていたとおり、長年連れ添ってきた愛器のように大きなスライドを効かせる曲や16分で細かく動くリズミカルな曲を弾きこなしていった。

 

G&L presents:後藤克臣の誰でもわかる、簡単!!グルーブ講座!!

1107kurosawa2

グルーヴの作り方を題材にした本セミナー、講師を担当してくれたのは海外での活動キャリアも持つ後藤克臣だ。なんと彼は“グルーヴは1分でわかる”と言い、来場者にも参加をうながしながら、声や手拍子を交ぜてグルーヴを共感していく。さすが海外仕込み(?)、トークのノリも抜群で、会場中がどんどんと彼のグルーヴに引き込まれていった。なお1分でわかるグルーヴの秘訣は“相手を愛さないと、グルーヴはできない”。つまり、グルーヴとはミュージシャン同士の愛情の結晶なのだ♪

 

G&L presents:NATCHIN(SIAM SHADE / 21g)スーパーデモンストレーション!!

IMG_1542

さまざまなセミナーが催されたクロサワ楽器店のベース・ウィークだが、純粋にベーシストの魅力に触れられたイベントが、このNATCHIN(SIAM SHADE、21g)のデモンストレーションだ。この日の彼はG&L製M2000(18Vタイプ)を手に登場。21gでの相方である女流ギタリストmi-yaとともに、21g、SIAM SHADEのナンバーを計3曲プレイした。会場の隅々まで埋まったファンは1曲ごとに歓声をあげて、彼のステージを楽しんでいた。短い時間ではありつつも、彼の温かみとクールなプレイを堪能できた、素敵なイベントとなった。

 

11月8日(日)

「山崎英明 Phrase&Groove Seminar」Supported by Freedom Custom Guitar Research & tc electronic(イケベ楽器店 グランディベース東京)

1108-2

元School Food Punishmentのベーシストであり、現在は多数の現場で活躍中の山崎英明によるセミナーだ。参加者から事前に募った質問に多かった“フレーズの作り方”について、現在サポート中のヒグチアイやAnnabelの楽曲のデモンストレーションを交えながら詳しく解説。また、フレーズ作りに役立つ日々の基礎練習について、歪みを中心としたこだわりのエフェクターや音作りについても語るなど、実践的なアドバイスが盛りだくさんのベーシストにとって貴重な2時間半となった。

 

11月9日(月)

Hadrien Feraud & Naoki Kobayashi BASS DUO LIVE! (イケベ楽器店 ベースコレクション)

1109-2

フランス出身の技巧派=アドリアン・フェローと、近年多くのサポート現場で活躍する日本の若き俊英=小林修己の“ベース・デュオ”ライヴが開催! ふたりは「酒とバラの日々」などのスタンダードから「ティーン・タウン」まで披露し、超満員の会場は喝采で包まれる。たった2本のベースではあるが、表情豊かなメロディ&ベース・ラインの絡み合いによる豊穣なアンサンブルは圧巻。新たなベースの可能性をみた一夜であった。

 

11月10日(火)

YUKITAN Session! (イケベ楽器店 グランディベース東京)

1110

ベース・ウィーク 6 日目は、亀田誠治主催のコンテスト“亀田杯ベース選手権”第二回のファイナリストとして名を馳せるYUKITANが登場した。ゲストのYosuke BOB Yamashiroのカホンと自作のバッキング・トラックに合わせ、オリジナルを数曲演奏する。そのほか、亀田杯にまつわるグランディベース東京とのエピソードや愛器サドウスキーについて、質疑応答など、短い時間ながら彼女の個性や魅力が伝わったイベントとなった。

 

11月12日(木)

FチョッパーKOGAのちょこっと店長!ちょこっと個人レッスンもあり!?(イケベ楽器店 ベースステーションリボレ秋葉原)

1112

この日はGacharic SpinのFチョッパーKOGAが、ベースステーションリボレ秋葉原の店長に! 彼女の教則DVDまたはベルモアギターズKOGAモデルの購入者は、直接個人レッスンを受けられるということもあり、店内にはベース持参の経験者からベースを初めて触る人まで、たくさんのファンが集合した。KOGAは自身のトレードマークでもあるスラップを参加者の手をとりながら丁寧にレクチャー。彼女らしい明るく気さくなやり取りで、笑顔の絶えない時間が閉店まで続いた。

 

11月13日(金)

Rhythm & Groove Meeting featuring Tomohiro & Eiji from FACT Supported by Pearl(イケベ楽器店 グランディベース東京)

1113-2

FACTのリズム体であるTomohiro(b)とEiji(d)によるセミナー“Rhythm & Groove Meeting”。この日はさらにAdam(g)も参加し、3人でライヴさながらの爆音デモ演奏でイベントが幕を開ける。ふたりの機材解説、質疑応答などを挟みつつ、終盤ではAdamと入れ替わりで何とKazuki(g)も登場! メンバー6人中、4人が登場するという、かつてない豪華なセミナーとなった。

 

11月15日(日)

TUNE & Phoenix Presents徳永暁人 麗しのベースの世界III(イケベ楽器店 ベースステーションリボレ秋葉原)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イケベ楽器店”The Bass Day Special Event Week”のラストを飾るのは、徳永暁人によるイベントだ。自身の愛器=PhienixのBomber Bass BB-4-109の紹介や、ゲストとのセッション、「スタンド・バイ・ミー」を題材に“ベース・ラインによって曲調がどう変わるのか?”を実践したクリニックなど、内容は超盛りだくさん。徳永の軽快なトークと卓越の演奏により、ベースのイロハからグルーヴの真髄までたっぷり堪能することができた。

 

なお、ベース・マガジン1月号(12月19日発売)では、さらに詳しいレポートを掲載する予定だ。そちらも合わせてチェックしてほしい!

 

◇楽器店リンク

イケベ楽器店 グランディベース東京

イケベ楽器店 ベースコレクション

イケベ楽器店 ベースステーションリボレ秋葉原

黒澤楽器日本総本店ベースセンター

 

 

TUNECORE JAPAN