坂本龍一復帰後初作品、映画「母と暮せば」サウンドトラックの制作現場を追ったドキュメンタリー写真展

NEWS by サウンド&レコーディング・マガジン編集部 2015/11/11

RBS_20151111_Sakamoto_KV

坂本龍一の復帰後初めてとなる作品、映画「母と暮せば」(監督:山田洋次、出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華ほか)のオリジナル・サウンドトラックが2015年12月に発売される。

そのサウンドトラックの制作が行われたレッドブル・スタジオ東京において、坂本龍一の音楽制作の舞台裏に追ったドキュメンタリー写真展が開催される。

第1部の2015 年 12 月 12 日(土)・13 日(日)は、実際に坂本龍一氏が作曲を行ったレッドブル・スタジオ東京でその音楽を聴きながら、音楽制作の現場を追体験できる、小人数限定のフォトエキシビション。

第2部の12 月 19 日(土)・20 日(日)は原宿のBANK GALLERYに場所を移し、 より多くの作品が展示され、誰でも鑑賞できる一般向けの展示となっている。

写真家はアジアの魅力を妖艶に切り取る希有な存在として世界で活躍を見せている香港の Wing Shya(ウィン・シ ャ)氏。また、本誌サウンド&レコーディング・マガジン編集人の國崎晋が担当した、坂本龍一の復帰後初めてとなるインタビューの中から印象的な「言葉」が写真とともに展示される。

 

©Wing Shya / Red Bull Studios Tokyo

©Wing Shya / Red Bull Studios Tokyo

Red Bull Studios Tokyo Presents “Behind the Tracks” with ARTIST:
Ryuichi Sakamoto × Wing Shya Photo Exhibition 映画「母と暮せば」オリジナル・サウンドトラックの制作現場を追ったドキュメンタリー写真展 

■ 第一部
日時: 12月12日(土) – 13日(日) 11:00-20:00
会場: Red Bull Studios Tokyo(東京都渋谷区渋谷 1-3-3)
料 金: 入場無料
※映画「母と暮せば」の前売り券・半券、またはオリジナル・サウンドトラックをお持ちの方のみの特別公開。

■ 第二部
日 時: 12月19日(土) – 20日(日) 11:00-20:00
会 場: BANK GALLERY(東京都渋谷区神宮前 6-14-5)
料 金: 入場無料


[詳細リンク] http://www.redbullstudios.com/tokyo/articles/ryuichi-sakamoto-x-wing-shya-photo-exhibition

 

 

 

TUNECORE JAPAN