大村憲司のライブ音源シリーズに新作登場!キーボーディストの佐藤博も参加

NEWS by キーボード・マガジン編集部 2015/10/22

STPR004アー写

1980年のYMOワールド・ツアーに帯同し卓越した才能を世に知らしめ、1998年に逝去するまで膨大なレコーディングやライブに参加、現在も高い評価を受けるギタリスト、大村憲司。2015年11月18日、命日であるその日に、未発表音源によるライブ・アルバム『ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラックスVI』がリリースされる。

大村と、朋友である村上“PONTA”秀一によるケンポン・バンドは、80年代末に活動を開始。小林信吾(k)や青木智仁(b)をメンバーに迎え、たびたびライブを行ってきた。大村憲司のライブ音源シリーズ“ベスト・ライヴ・トラックス”の最新作となる本アルバムには、1998年3月に六本木ピットインと神戸チキンジョージで行われた4日間のステージのうち、3日間の演奏からベスト・テイクが収録される。

ライブには、ベースの高水健司、そして2012年に他界したキーボーディストの佐藤博が参加。大村同様に多くのミュージシャンから支持を受け、数々の名演を残してきた佐藤との共演を、以前から大村は望んでいたそう。2枚組となる本作は、大村のオリジナルだけでなく、ビートルズやロック、ブルースの名曲などのカバーで構成されているが、転がるピアノ、切なく美しい響きのエレピといった佐藤のプレイの真骨頂が存分に発揮されている。

全16曲を収録。ブックレットには、ギター・マガジンの編集人、野口広之による全曲解説が掲載される。大村憲司、佐藤博という稀代のプレイヤーによる貴重なセッションをぜひ堪能してみてほしい。

 

『ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラックスVI』

STPR004ジャケ写

ステップス・レコーズ:STPR004

DISC1
1. Mercy Mercy Mercy
2. I Saw Her Standing There
3. Everyday I Have the Blues
4. Georgia on My Mind
5. Hound Dog
6. I Ain’t Got Nothing but the Blues
7. Knockin’ on Heaven’s Door
8. Dear Mr.Fantasy
9.Better Make It Through Today

DISC2
10.Greedy Woman
11.Ticket to Ride
12.Ain’t Nobody’s Business
13.Get Back
14.Honest I Do
15.Ramblin’ on My Mind
16.Leaving Home

 

 

TUNECORE JAPAN