「あんちゃんコール」ならぬ「ANCHANGコール」が巻き起こる!? 仮面女子×SEX MACHINEGUNSが対バンライヴで異色のコラボレーション!!

NEWS by 榊 郁乃 2015/07/31

7 月22日(水)に“最強の地下アイドル”仮面女子と、ヘヴィ・メタルバンドSEX MACHINEGUNSという異色の2マンライヴが、秋葉原P.A.R.M.Sで行なわれた。ここではその盛り上がりの様子をお伝えする。

 

先攻のSEX MACHINEGUNSのライヴは代表曲「みかんのうた」から始まり、1曲目からハイテンションなステージングをみせる。強靱なバンド・サウンドにコミカルな歌詞を乗せて歌い上げ、オーディエンスもそれに呼応するようにヘドバンをしたり、メロイックサインを掲げたりしながら盛り上がる。ハードかつタイトな演奏のなか、ANCHANG(g,vo)のテクニカルな速弾きギター・ソロやパワフルなヴォーカルが響きわたるが、楽器を弾きながら(時には弾くのをやめながら)完璧に揃った振り付けを踊ってみせる独自のライブ・パフォーマンスはエンターテイメントとしても完成しており、観るものを惹き付ける力にあふれていてとても魅力的だ。セットリストも初見の人にも優しい新旧織り交ぜたラインナップで、会場全体を魅了した。

 

会場をハイテンションに持って行くSEX MACHINEGUNS。ファンもメロイック・サインで盛り上げる!!

ハイテンションにオーディエンスを煽るSEX MACHINEGUNS。ファンもメロイックサインで応える!!

 

 

フロアが充分に温まったところで仮面女子が登場。ハード・ロックやエレクトロニカなどさまざまな要素の入ったバキバキなSEを背に、チェーンソーやマシンガンなどの武器を振りかざしながらオーディエンスを煽る姿は迫力満点だ。彼女たちの楽曲は歪んだギターが効いたハードなナンバーや、ポップでキャッチーな正当派アイドルソング、はたまたラップなどバラエティ豊か。そのうえで一貫性が感じられるのは、どの曲でも聴きやすいメロディと、真っ直ぐに伝わるエモーショナルな歌声が耳に残るからだろう。仮面を付けて激しく歌い踊る姿は迫力がありクールだが、仮面を外したときにのぞかせる素顔からはあどけない可愛さが見受けられ、そのギャップにもきゅんきゅんきてしまった。

 

b_1553

バッチリ揃った振り付けでクオリティの高いパフォーマンスを魅せる仮面女子!!

 

ラストナンバーの「夏だね☆」ではSEX MACHINEGUNSのメンバーがステージに登場。タオルを振り回し、仮面女子のメンバーと一体になって盛り上げる。メンバーがゴムボートに乗ってフロアを一周する恒例の場面では、仮面女子のセンター“あんちゃん”こと立花あんなに代わってSEX MACHINEGUNSのフロントマン“ANCHANG”がフロアを“大航海”するという、対バンイベントならではのスペシャルなコラボレーションが発生。オーディエンスからは「あんちゃんコール」ならぬ「ANCHANGコール」が巻き起こり、両者のファンも楽しそうに会場を盛り上げた。

 

DSC07570

”あんちゃん”(ステージ中央)もオーディエンスとともに「ANCHANGコール」で盛り上げる!!

 

異種格闘技戦のように思えた今回の2マンだったが、自分たちならではの音楽やパフォーマンスを確立し追求しているという点では、両者とも共通している。なお、今回のイベントの模様はKBS京都にて放送中の公開収録型ライヴ番組『CYBER CIRCUS TV』のプログラムとして、7月29日26時から放送される。また、YouTubeの公式アカウントでも7月30日から1ヶ月限定で視聴できるので、ぜひアツいライヴの模様をチェックしてほしい。

 

 

TUNECORE JAPAN