ガンプラ生誕35周年!“新生”ガンプラ発売&HISASHI(GLAY)ほかアーティストデザインのガンプラ展示イベントも!

NEWS by 1号 2015/07/01

main

ガンプラ生誕35周年

ミュージシャンにも愛好家が多い「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」が生誕35周年を迎え、その一環として7月25日に「HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム」(¥1,080税込)を発売する。この「HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム」は、35周年のテーマである“新生-REVIVE-”に合わせ、2001年に発売された「HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム(NO.21)」を最新技術により進化させたもの。ガンダムのベストなプロポーションを再現し、可動範囲も各段に向上させたうえで、作りやすさも追求しているといい、ガンプラ好きミュージシャンのあいだでも話題になりそうだ。

「HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム」

「HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム」

今まで以上にアニメのシーンを再現できる可動性

今まで以上にアニメのシーンを再現できる可動性

35周年ロゴ

35周年ロゴ

 

「ガンプラEXPOジャパンツアー 2015」開催!

35周年を迎えるガンプラだが、現在、35周年企画イベント「ガンプラEXPOジャパンツアー 2015」が全国6都市で開催されている。ここにガンプラを応援する“ガンプラサポーターズ”として、さまざまなアーティストが参加している点に注目したい! 先日SKE48 からの卒業を発表した松井玲奈や、Mr.Childrenの鈴木英哉、ウルフルズのトータス松本、SEKAI NO OWARIのDJ LOVE、May J.、グッドモーニングアメリカのたなしんなど、ガンプラを愛するアーティストたちが思い思いにガンプラをデザインし、それらが同イベントで展示されているのだ。

HISASHI(GLAY)が今回も参加!

そんなガンプラ好きミュージシャンのなかでも熱心なファンとして知られるのが、2010年にもガンプラサポーターズへ参加しているGLAYのHISASHIだ。HISASHIは今回のイベントにももちろん参加しており、登場キャラクターのジム(GM)を漆黒カラーにデザインし、「今回もGMへの執拗な執着心で3体制作させていただきました。テーマは“特殊部隊”。前回の“シークレットサービス”にも通じる忠誠心と服従を表した漆黒のフィニッシュ、タクティカル・ベストやナイトビジョンは度重なるミッションをクリアしたチームの証」と愛情たっぷりに解説している。

HISASHI(GLAY)の作品。

HISASHI(GLAY)の作品。

HISASHI作品を別角度から

HISASHI作品を別角度から

このHISASHIが手がけたジムのほか、ガンプラサポーターズたちがデザインした多彩なガンプラが楽しめる「ガンプラEXPOジャパンツアー 2015」のスケジュールは以下のとおり。ガンプラファンならずとも会場に足を運んでみよう。好きなミュージシャンの新たな一面が発見できるハズだ。詳細はバンダイホビーサイトでチェック!

 

「ガンプラEXPOジャパンツアー 2015」

In SAPPORO(札幌PARCO)8月28日〜9月13日

In HIROSHIMA(広島PARCO) 9月18日〜10月12日

In OSAKA(大阪タカシマヤ) 11月5日〜11月9日

バンダイホビーサイト

©創通・サンライズ

 

 

TUNECORE JAPAN