UVERcafeに行ってみた!フードもドリンクもウマくてめちゃくちゃ楽しぃ!

NEWS by 1号 2015/06/22

東京ドーム、京セラドーム大阪など大規模会場でライブも行なうなど、今や日本を代表するロックバンドとなったUVERworld。今年の6月6日に結成15周年を迎え、7月6日にメジャーデビュー10周年を迎える彼らが、ファンへの感謝の気持ちを込めて「UVERcafe」なるものを開催しており、こちらが連日大盛況という情報をキャッチしたので実際に行ってきた!

UVERworld

UVERworld

ベース・マガジン、ドラム・マガジンでも表紙を飾るUVERworld

ベース・マガジン、ドラム・マガジンでも表紙を飾っているUVERworld

 

期間限定オープン、メンバー考案・監修のドリンク&フードが楽しめる

UVERcafeがオープンしたのは原宿(明治神宮前)にある複合商業施設「キュープラザ原宿」内のAREA-Qで、6月6日から7月7日の1ヵ月限定の開催となっている。メンバー考案のドリンクやギターの克哉が監修したフードが楽しめるカフェと、愛用楽器や衣装などがレイアウトされたギャラリーが一体となったスペシャルな空間だ。2010年に続き2度目の開催となるが、今回は13:30-15:00(CAFEタイム)、16:30-18:00(CAFEタイム)、18:45-20:15(BARタイム)、21:00-22:30(BARタイム)という4形態で営業し、BARタイムではアルコールも販売してアダルティな雰囲気に。今回は幸運にもCAFE/BAR両方に潜入できることになったので、その違いもレポートします!

UVERcafeは原宿(明治神宮前)にある「キュープラザ原宿」7FのAREA-Qにオープン。

原宿(明治神宮前)にある「キュープラザ原宿」7FのAREA-Qにオープン

 

ファンで大賑わい、チケットはすでに完売

AREA-Qに到着すると受付はファンでいっぱい。UVERcafeはチケット制になっており、すでに全日完売してしまっているので、チケットを入手できなかったファンはこのレポートで実際に行った気分になってくれたら幸いだ。先述したようにフロア内には実際にメンバーが使用している楽器や衣装、私物などを間近で楽しむことができるが、取材日にはTAKUYA∞の私物だという絵画(シングル「7日目の決意」のジャケットが描かれたもの)や、彰のギター、真太郎のドラムセットなどが置かれていた。これらディスプレイされるアイテムは日によって違うようで、チケットを複数枚ゲットできた幸運なファンが何度来ても楽しめるように配慮しているとのこと。メンバー、スタッフがファンを思う気持ちが伝わってくる。そのほかにも、メンバーがそれぞれの思いを語る特別映像や、これまでの活動を振り返る写真もたっぷりと公開するなど、ファンはたまらない空間となっている。

 

この絵画はTAKUYA∞の私物とのこと。

TAKUYA∞の私物という絵画

真太郎が使用するSAKAEのドラムセット。

真太郎が使用するSAKAEのドラムセット

彰が使用するフリーダム・カスタム・ギター・リサーチのギター。

彰が使用するフリーダム・カスタム・ギター・リサーチのギター

TAKUYA∞、真太郎の名前が刺繍されたデニムシャツ。こちらはシングル「7日目の決意」リリース時に製作されたもの。

TAKUYA∞、真太郎の名前が刺繍されたデニムシャツ。シングル「7日目の決意」リリース時に製作されたもの

大きな画面に特別映像が流れる。和気藹々としたメンバーのトークがおもしろかった。

大きな画面に特別映像が流される。和気あいあいとしたメンバーのトークに、会場からも笑いが生まれていた

壁にはこれまでの活動を振り返る写真がディスプレイされている

壁にはこれまでの活動を振り返る写真をディスプレイ。とてもクールだ

物販も大盛況。会場に飾られた写真がダウンロードできるデジタル・パンフレットのダウンロードカードも販売(写真中央)。

物販も大盛況。会場に飾られた写真(上写真)がダウンロードできるダウンロードカードも販売(写真中央)

 

“ファン同士の触れ合い”がコンセプト

今回は“人と人の繋がりを大切に”をコンセプトとしており、ファン同士の憩いの場、触れ合いの場、新たな出逢いの場になるように座席のレイアウトなども配慮されている。そんな会場で取材班もファンとの触れ合いを実践したく、元気いっぱいな2人組に話しかけてみた。

リストランテ克也のユニフォームを着てはしゃぐファンのふたり

リストランテ克哉(料理好きな克哉の名物企画)のユニフォームを着て、喜びのポーズを決めてくれたキュートなファン

快く応えてくれたのは、ゆいまーるさん(写真左/19歳)としまちゃんさん(写真右/19歳)。ゆいまーるさんは小学校5年生から、しまちゃんさんは中学生からのファンで、ライブにもたびたび通っているという。そんなふたりは「メンバーが使っている楽器や衣装をこんなに近くで観られてうれしい!」と喜びいっぱいに語り、「UVERworldは自分たちの音楽を持ってるっていうか、自分たちらしく自由に音楽をやっている感じが大好き。どの曲もすーっと耳に入ってくる」とファンらしい視点で魅力を伝えてくれた。そのほか親子で来場しているファンにも話しを聞けたが、みんな気さくでフレンドリーなのはUVERworldメンバーのピースフルな人間性あってだろう。素晴らしいファンに愛されているバンドだと実感する。

 

フードもドリンクもめちゃうまい!

ではドリンク&フードを紹介しよう。まずドリンクだが、取材班はCAFEタイムで人気の「Neve Bianco(復刻)」とBARタイムで人気の「月のビタミン」をそれぞれで注文した。「Neve Bianco(復刻)」はTAKUYA∞考案によるスムージーだが、カルピス&ヨーグルトがマッチしたスッキリとした味わいで、とても爽やかな口当たりだ。そしてなかに浮いたバニラアイスを混ぜると一気にマイルドな味わいになって楽しい!うまい!

「月のビタミン」は克哉考案のカクテル。ピーチの甘さが際立ちつつ、アルコールもしっかりと入っている感じでとてもおいしい。ストローで飲んだためさらにお酒も回る感覚になり、取材中ながらとても気持ち良い気分になれた。

 

TAKUYA∞考案のNeve Bianco(復刻)

TAKUYA∞考案のNeve Bianco(復刻)

克哉考案の「月のビタミン」。BARタイム限定のドリンクだ

克哉考案の「月のビタミン」。BARタイム限定のドリンクだ

 

フードは、CAFEタイムではサンドイッチ、BARタイムでは4種のピンチョスセットが提供される。サンドイッチは玉子サンド、ハムチーズサンド、スモークサーモンとクリームチーズサンドの3種類だが、スモークサーモンとクリームチーズサンドがうまい。スモークサーモンの塩気がちょうどよく、アルコールにも合いそうな大人な味がいい。ピンチョスセットは、生ハムとドライ無花果、ほうれん草のオムレツ、ローストチキンとハーブ、サーモンのマッシュポテト仕立ての4種だが、ほうれん草のオムレツが好みだった。フワフワした食感、そしてほどよい塩気がお酒にピッタリだ。

 

サンドイッチは特典のサンドイッチケースと一緒に提供される。僕も使おっと

サンドイッチは特典のサンドイッチケースと一緒に提供される。かわいい

スモークサーモンとクリームチーズサンド。これめちゃくちゃウマかった。指輪をハズそうかと思ったが、自分的にUVERworldっぽい感じがしたので付けたまま撮影

スモークサーモンとクリームチーズサンド。これ、めちゃくちゃウマかった。指輪をはずそうかと思ったが、自分的にUVERworldっぽい感じがしたので付けたまま撮影

4種類のピンチョスセットはBARタイムで提供。

ピンチョスセットはBARタイムで提供

ピンチョスセットの下に敷かれたフードプレート。こちらも特典だ

ピンチョスセットの下に敷かれたフードプレート。こちらも特典だ

ほうれん草のオムレツが大人の味でおいしい

ほうれん草のオムレツが大人の味でうまかった

 

後半も開催中!

そんなUVERcafeは6月22日から後半に突入している。特別映像やフロアのディスプレイ、料理の具材や特典などが前半と変わるとのことなので、これから遊びに行くファンは楽しみにしていてほしい。メンバーがファンを想う気持ちをひとりひとりが会場で実感し、ファンはさらにUVERworldを好きになるという、すばらしい関係性が生まれるUVERcafe。またこのような機会があったらぜひ行ってみたい!

 

 

TUNECORE JAPAN