クロスオーバー・フュージョン・スタイルの実力派4人組バンド、SPICY KICKIN’がメジャー・デビュー

NEWS by キーボード・マガジン編集部 2015/06/11

spicy_ph

ライブ・サポートやスタジオ・セッションの現場で活躍するミュージシャン4人が集結したバンド、SPICY KICKIN’がメジャー・デビュー作となるアルバム『Find New Days』を6月24日にリリースする。

浜崎あゆみ、ナオト・インティライミ、堂本剛はじめ、数多くのアーティストのサポートを行うなど、実力派として知られるキーボーディスト、宮崎裕介がメンバーとして参加するSPICY KICKIN’。これまでインディーで作品を発表、ライブ活動を続けてきた彼らが、メジャー1stアルバム『Find New Days』を完成させた。

70年代をコンセプトとしたクロスオーバー・フュージョン・スタイルを掲げるSPICY KICKIN’は、宮崎裕介(k)、松田肇(g)、坂本竜太(b)、外薗雄一(d)からなる4人組。本作ではその実力をいかんなく発揮、シック、ジャミロクワイ、さらにブルーノ・マーズまでの影響を受けたというサウンドは、とにかくグルービーで心地良い。また、メンバー全員がボーカルも担当し、収録曲の10曲中5曲がボーカル・ナンバーとなっている。

そんな中宮崎は、さまざまな鍵盤を操りその存在感を見せつける。特にローズやオルガンによるキレ味の良い演奏は、必聴。サウンド・メイキングも楽曲にによって非常に多彩で、ライブ活動を行っている鍵盤弾きにとっては参考になるはずだ。

SPICY KICKIN’は、アルバム発表に伴うツアー“FIND NEW DAYS Tour 2015”の開催を7月に予定している。

spicy_album『Find New Days』キング:KICJ-697

FIND NEW DAYS Tour 2015
7月15日(水)名古屋Bottom Line
7月16日(木)大阪Music Club Janus
7月24日(金)東京・目黒Blues Alley Japan
SPICY KICKIN’オフィシャル・ウェブサイト http://www.spicykickin.com

 

 

TUNECORE JAPAN