21世紀の音楽産業で生き残るために〜ソーシャル型シンポジウム “Beyond The Music” 開催!

NEWS by 編集部 2015/05/13

“音楽を超えて〜”21世紀の音楽産業で生き残るためにと題したシンポジウムが、来たる2015年5月20日(水曜)に開催される(参加無料)。

パネラー、ゲスト、オーディエンスが一体となったソーシャル型シンポジウムということで、ゲストには解散公演したばかりのViViDのドラマーであるKo-kiことKouki Nishikawaが登壇予定だ。

タイトル通りに、音楽流通の最前線、変わる音楽流通とプロモーション、海外展開事情といったテーマが語られるようなので、アーティストやマネージメントといった音楽関係者はもちろん、IT業界人やクリエイターにも興味深いシンポジウムになりそうだ。「Beyond The Musicは、最新の音楽ビジネスを取り巻く最新事例を探りこれからの新しい音楽ビジネスのカタチなどを語り合う場として定期的に開催いたします」とのことで、参加者同士の新たな出会いの場としても機能していきそうだ。

ナビゲーターを務めるのは、『ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略』の著者でもある殿木達郎氏(株式会社イータレントバンク代表取締役社長)。早くからアーティストプロモーション等にインターネットを活用してきた氏ならではの、現状認識と未来への提言がどのようなものか、気になる人も多いのではないだろうか? 以下に、殿木氏のコメントを掲載する。

  • 殿木達郎氏コメント

「これからの音楽ビジネスを考えるシンポジウムを開催することになりました。

音楽産業が音楽産業の中だけで考えるだけではなく、社会全体の中での「音楽」というポジショニングで「音楽ビジネス」のあらゆる可能性を模索していきます。

今回、ナビゲーターに「アーティスト活動のための新しい環境の最適化」に取り組んでおられる一般社団法人ミュージックコープ代表理事、渡邉ケンさんとタッグを組んで、業種を超えた様々なゲストの方を迎えてシリーズ化していく予定です。

本企画にご協力いただいております株式会社内田洋行さんは、まさに産業のイノベーションを行っている企業であり、「進化と改革」という共通ワードが今回の実現の運びとなりました。

多くの方々と、個や枠を超えともに語りあい、一緒に新たな「音楽」の可能性を追求しビジネス化していきたいと思っております。

多くの幅広いジャンルの方々の参加をお待ちしております!」

新しいことが始まる予感で、ワクワクするようなコメントだ。ぜひ現場に足を運び、未来の息吹を感じてほしい!

  • Beyond The Music Vol.0「KICKOFF」開催概要

日時:2015年5月20日(水)開場18:30 / 開始19:00:入場無料

参加ご希望の方は、下記へメールにてエントリーしてください。

ETBイベント事務局 event@e-talentbank.co.jp までどうぞ。

・件名:イベント参加希望

・お名前:

・ご参加人数:

なお、応募者多数の場合は抽選となる場合もあるようなので、要注意。

会場:東京 ユビキタス協創広場 CANVAS

住所 東京都中央区新川2-4-7 内田洋行新川本社3F

http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas.html

<アクセス>

東京メトロ 日比谷線「八丁堀駅」下車、「A4」出口より徒歩4分

東京メトロ 日比谷線・東西線「茅場町駅」下車、「1番」出口より徒歩5分

JR京葉線「八丁堀駅」下車、「B2」出口より徒歩6分

【主催】株式会社イータレントバンク

【共催】一般社団法人ミュージックコープ

【協力】株式会社内田洋行

TUNECORE JAPAN