ジャーマンハウスシーンのオリジネイターが9年ぶりにAIRへ

NEWS by 編集部 2015/03/08

flyer20150313_f

春のAIRで、世界を席巻する現ハウスシーンの魅力的アーティストたちを中心にフィーチュアしていくパーティLOSE YOURSELF”が始動する。第1弾のゲストは、ジャーマンハウスシーンの大ベテランIan Pooley。90年代初頭にデトロイト第2世代のハードテクノに触発されてDJキャリアをスタートした彼は、その後次第にハウスのグルーヴに傾倒。1996年には、現在のディープミニマルやジャーマンモダンハウスの源流ともいえるサウンドが詰まったアルバム「The Times」を完成させた。近年はINNERVISIONSからのリリースと同レーベルのパーティへの出演が増加しているIanの、最新プレイを見逃すな。

 

LOSE YOURSELF

日時:2015年3月13日(金)

開場/開演:22:00

会場:UNIT/SALOON

前売券:フライヤー持参3000円、当日3500円、23歳以下2000円、11:30まで2000円

出演者:〈MAIN〉IAN POOLEY (Pooled Music | INNERVISIONS | from Berlin)、GONNO (WC | Merkur | International Feel)、Motoki a.k.a. Shame (Optima)、Lamb (Daytona | BLAFMA | Alive)

〈LOUNGE〉Tomoya Watanabe (Brightness)、KAMEKAWA (Daytona | Drop | Leaves)、Katsu (bivouac | Love Henhouse)、Yuki Uesugi (Garden)、Tatsuya Ouchi (Drop)

〈NoMad〉MOCA (ROSADO)、Kusda (Raft Tokyo)

 

Ian Pooley

アンダーグラウンドからメインストリームまでクロスオーヴァーし、20年のキャリアを誇るジャーマン・ハウスの重鎮、Ian Pooley。94年の大ヒット作「Celtic Cross EP」リリース後、Daft PunkやBasement Jaxxのリミックスや、V2からリリースされブラジリアン・サンバを取り入れたアルバム「Since Then」等、ドイツから世界へ良質なハウスをクリエイトし続けている名プロデューサー。近年ではINNERVISIONSからのリリースや、Richie Hawtin主宰Plus 8からSilvershower名義でのリリースなど精力的にスマッシュヒットを重ねている。

TUNECORE JAPAN