レッドブルが運営するレコーディングスタジオRed Bull Studios Tokyoがオープン

NEWS by 編集部 2015/02/11

red_bull_studios_tyo_logo_rgb_01

2015年2月、レッドブルが世界中で運営するレコーディングスタジオRed Bull Studios Tokyoが、東京は青山にオープンする。

レッドブルスタジオとは”レッドブル 翼をさずける”のブランドスローガンを基軸に、アーティストやクリエイターをサポートし、レッドブルとともに革新的な音楽コンテンツを世界に発信するプラットフォームだ。音楽に情熱を持ったアーティストやレッドブルとパートナー関係にあるアーティストが無償で使用できる、音楽好きにとって特別な空間となっている。過去にはファレル・ウィリアムスやスクリレックス、日本からAOEQ(藤原ヒロシと真心ブラザーズのYO-KING)などもレッドブルスタジオでレコーディングを行った。

レッドブルスタジオは、ニューヨーク、ロンドン、コペンハーゲン、パリなど世界中にネットワークを広げてきた。今回、新たに東京が仲間入りすることで世界で11ヶ所目のレッドブルスタジオとなる。東京のスタジオにはプロ仕様のレコーディング機材はもちろんのこと、建物内部のデザインは世界的に著名な建築家である隈研吾氏が手掛けたとのこと。

 

Red Bull Studios Tokyo

_MG_1062

住所:東京都渋谷区渋谷 1-3-3
※日本語ウェブサイトは2月下旬に開設予定。

TUNECORE JAPAN