AIRのスピリットを体現するTHE CHOICEスペシャルバージョン

NEWS by 編集部 2015/02/09

unnamed

AIRのスピリットを体現する“THE AIRのアンダーグラウンドスピリットの本質を純粋に突き詰めるために、火曜日の夜を舞台に昨年スタートしたパーティTHE CHOICE。祝前日開催となる今回は、初の海外ゲストをフィーチャーするスペシャルバージョンだ。オランダより飛来するコンフォースは、初期シカゴハウスやデトロイトテクノ、90年代のUKテクノなどにインスパイアされた幅広い音楽性を武器とする、魅惑のプレイを披露。これを東京アンダーグラウンドダンスミュージックシーンの雄DJ NOBUと、現在ベルリンを拠点に欧州各都市のギグで活躍中のIORIが迎え撃つ。ここで、AIRのアイデンティティをリアルに体感してほしい。

 

THE CHOICE SPECIAL

日時:2015年2月10日(火)22:00

会場:代官山AIR

料金:フライヤー持参3000円、当日3500円、23歳以下2500円、11:30まで2000円

出演:CONFORCE (Delsin | Clone | from NL)、DJ NOBU (FUTURE TERROR | Bitta)、IORI (Prologue | Bitta)

LOUNGE: AMA & GENKI (UV | YUK)、Tai T.Ram (Golden path | re:birth)、ARARE (A.F.O)

NoMad: Shhhhh、Yoshinori Hayashi (MOO)、KAMO

 

Conforce

unnamed (1)

オランダ北部の島テルスヘリング出身のConforceは、同国で活動する多くのテクノアーティストと同様、Larry Heardのような初期シカゴ・ハウス、Planet E、Warp、B12、Applied Rhythmic Technologyに代表される90年代のデトロイトやイギリスのテクノ、そしてBasic Channelに系統を成すベルリンのダブをディープに追求している。暖かく、メロディアス、そしてムードがあるConforceの音楽は魅惑に満ちたサウンド・デザインから生み出されるものであり、2007~2008年にRush Hourからリリースされた彼の初期作品を聞いてもそれは明らかだ。そして2010年にはファースト・アルバム『Machine Conspiracy』を発表し、その後もDelsin、Cloneといった同郷のレーベルを中心にリリースを重ね、エレクトロとダブが混然一体となった独自のスタイルを切り開いていく。その集大成となった2013年の『Kinetic Image』は是非ともチェックしてもらいたい。彼が紡ぎだすサウンドとグルーヴは浮遊感と実験性を通じてリスナーを恍惚の域に導いている。

TUNECORE JAPAN