ハウスの正統な継承者OSUNLADEが待望のAIR初登場

NEWS by 編集部 2015/01/21

unnamed

この夜、ハウスの正統な継承者といえるリビングレジェンドが、AIR初登場を果たす。OSUNLADEは、ブルース、ラグタイム、ジャズの聖地として知られるセントルイスで生まれ育ち、弱冠17歳でメジャーレーベルよりデビューを飾った早熟の天才である。永いキャリアの中で数々の良質な作品を世に送り出してきた彼だが、2011年のシングル「ENVISON」の大ヒット、2013年のアルバム「Man With No Past Originating The Future」、昨年リリースしたばかりの「PEACOCK」と、そのクリエイションはここにきてペースを加速。波に乗るOSUNLADEの現在進行形のプレイを、存分に堪能したい。

 

OSUNLADE ASIA TOUR 2015 Yoruba Night

日時:2015年2月6日(金)22:00~

会場:代官山AIR

料金:フライヤー持参3000円、当日3500円、23歳以下2500円、11:30まで2000円

出演:〈MAIN〉Osunlade (Yoruba Records | Greece)、Kuniyuki -Live、Hattori (Pigeon Records | Black Cream)、JAVA (遊然)

〈LOUNGE〉Nakano Kousuke、Phenol (Rice Ball)、Saitoo (CARAVAN)、Mucky (Vinylists)、Makoto (CARAVAN)

〈NoMad〉Erotic City Lounge by BLACKSUNDAY:chack、cwest、JACK、MICK

OSUNLADE

1999年インディーレーベル[Yoruba Records] を設立。同年リリースされた「Closer I Get」 Marie St.Jamesがニューヨークの伝説的パーティBody & SOULでヘヴィープレイされただけでなく、ジャズ、クロスオーヴァー方面からも絶大な支持を受けハウスの枠を超える異例の大ヒットとなった。 [Yoruba Records]は彼自身の作品のみならず、殆どが無名のアーティストの楽曲を次々とヒットに結びつけるプロデュース能力と審美眼の高さが評価され、大ヒット中したAfefe IkuやEzelなど、ハウス、クロスオーヴァー界のみならずテクノ方面からの注目を集めるレーベルに成長した。

http://yorubarecords.net/

 

TUNECORE JAPAN