日本のアートと建築が詰まったレッドブル・ミュージック・アカデミー東京の本拠地を見学

NEWS by 編集部 2014/10/27

スクリーンショット 2014-10-27 11.28.02

世界を旅する音楽学校レッドブル・ミュージック・アカデミーは、16年目にしてアジア初上陸を果たし、東京を舞台として10 月12 日(日)に幕を開けた。世界中の限りない才能を持ち合わせた音楽家たちがここに集い、それぞれのアイデアと経験を分かち合いながら日々、切磋琢磨している。
この国際的な音楽イベントの舞台をカタチ作っているのは、世界的に著名な建築家である隈研吾氏、そしてデザインコレクティブのボストークだ。東京は渋谷区にある、レッドブル・ミュージック・アカデミー東京の本拠地も、スタジオ内で鳴り響くサウンドウェーブ(音波)と同様に、実験的で躍動感に溢れるアートで埋め尽くされている。建物内では、東京のアートシーンを牽引するキュレーターである窪田研二氏を招き、加藤泉、安村崇、Chim↑Pom、西野達、山川冬樹などの国内の著名アーティストと新進気鋭のアーティスト20組の作品が展示されている。
今回、一般向け見学会 オープンハウスが開催されるので、その唯一無二のクリエイティブな空間を体験してみてはいかがだろう。

 

Red Bull Music Academy Tokyo 2014 一般向け見学会 オープンハウス

日時:2014 年11 月1 日(土)12:00~18:00(最終入場17:00)

場所:レッドブル・ミュージック・アカデミー

住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 1-3-3

地図:https://goo.gl/maps/kJlPq

※来場者多数の場合は、入場を制限させていただく場合があります。

TUNECORE JAPAN