LOUD PARK 2014開幕の火ぶたを切るトンでもない面々と仮面

NEWS by 編集部 2014/10/17

kamenjoshi_main_logomini

今週末10月18日(土)、19日(日)いよいよ日本最大級のメタル・イベントLOUD PARK 2014がさいたまスーパーアリーナにて開幕する。毎年この季節を待ちこがれているメタル・ファンも多いのではないだろうか。

今年はヘッドライナーのMANOWARが出演キャンセル(代替公演の詳細はコチラ)という悲運に見舞われたが、心配無用と言っていいくらい見所満載の豪華な内容となっている。

初日のトリには新ヴォーカリストを迎えたARCH ENEMYをはじめ、DRAGONFORCEにRAGE、DOWN、SOILWORKらに加え、日本代表として新譜『The Sun Will Rise Again』が絶好調のLOUDNESSといったラインナップ。2日目の大トリにはDREAM THEATERを迎え、KREATOR、RIOT、THUNDER、DEATH ANGELといったベテラン勢等、そして日本からもthe GazettEが参戦と、結果的には2日間を通じて盤石の布陣となった。

 

仮面女子のサポートにDAITA!真矢!! 山下昌良!!!の衝撃

そんな中、初日のオープニングを飾る『仮面女子』に話題が集まっている。仮面女子とは、秋葉原の常設劇場を拠点に活動を続ける「地下アイドル」である。なぜにLOUD PARKにアイドルが?と思うなかれ。これまでも、LOUD PARKにはももいろクローバーZ、BABYMETALといった女性アーティストらが参戦し、メタルヘッズの脳髄に渾身の一撃を喰らわしてきたわけで、そういう意味では今回の「仮面女子」はかなりの注目株だとも言える。事実、彼女らはSlipknotをフェイバリットに挙げており、自身のライヴではヘドバン&ダイヴ当たり前の壮絶なパフォーマンスを繰り広げていることでお馴染みの「メタル・アイドル」なのだ。

 

▲2014年5月@Zepp Tokyo公演(ダイジェスト映像)

そして彼女たちを支えるサポート・ミュージシャンの面々がまたトンでもないことになっている。

ギターには屈指の実力派DAITA(ex.SIAM SHADE)、ベースにはLOUDNESSの山下昌良、そしてドラムにはLUNA SEAの真矢と、日本ロック界を代表するトリオ。このメンツだけですでに1つのスーパー・バンドだと言えるのに、あくまで彼らは今回仮面女子の「バック・バンド」なのだ。こんな贅沢使いはそうそう見られるものではない。

「全開☆ヒーロー」、「大冒険☆」といった秀逸ギター・ソロ楽曲をDIATAが奏で、SIDのカヴァー曲「妄想日記」を真矢&山下のリズム隊が骨太なビートで支えるなんて、想像しただけでも悶絶必至である。

LOUD PARK未経験者はこれをきっかけに、すでにチケットを入手している方は、初日朝10時の仮面女子withスーパートリオを絶対に見逃すな。朝からヘドバンだ!!

LOUD PARK 2014公式HP

仮面女子公式HP

 

 

TUNECORE JAPAN