結成40周年イヤーを迎えるプログレ・バンドKENSO、8年振りとなる待望のアルバムをリリース

NEWS by キーボード・マガジン編集部 2014/07/15

KICS-3080_RGB_1_フル画像

結成40周年を迎えた日本を代表するプログレッシブ・ロック・バンドKENSOが、8年振りのニュー・アルバム『内ナル声ニ回帰セヨ』を7月23日にリリースする。

収録曲は、めまぐるしい展開を聴かせるオープニング・ナンバー「若き日の私へ」や、ソプラノ・ボーカルを取り入れクラシックとの融合を果たした「A Song of Hope」など、彼らのプレグレ愛を存分に感じることができる全8曲。
もちろん小口健一と光田健一によるダブル・キーボード体制も健在で、綿密かつ分厚いアンサンブルはこれまで以上に突き詰められており、まさに40年の集大成といった内容だ。
また、8月17日(日)にはレコ初ライブが川崎クラブ・チッタで行われる。
新作以上に気合いの入ったステージになること必至なので、ぜひ見逃さないようにしたい。

「新作リリース記念・そして結成40周年記念ライブ」

日時:2014年8月17日(日)
場所:神奈川・川崎クラブチッタ
開場:16:30 開演:17:30
料金:前売り7,000円 当日券7,500円(+1ドリンク、全席指定)
問合わせ:CLUB CITTA’044-246-8888

オフィシャル・ホームページ

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~kenso/

TUNECORE JAPAN