激動のウクライナより東欧テクノの現在を形成したStanislav Tolkachevが初来日、ライブセットを披露

NEWS by 編集部 2014/06/13

140613-tolkachev-main

ソビエト連邦時代にロシアで産まれ、ウクライナの片隅で育ち、東欧テクノの現在進行形を形作ったアーティストStanislav Tolkachevが初来日し、ライブセットを披露する。Semantica、Geophone、Fullpandaといったレーベルからのリリースや、ベルリンのBerghainやTresor、パリのConcreteなど人気クラブでのプレイが口コミを誘い、現在ヨーロッパを中心に注目を集め、人気が急上昇している。

今回の初来日を実現させたのは、ジャーマンニューウェーブを背景に最新最鋭のテクノやエレクトロなどをお送りするイベント/プロジェクト、VETA。レジデンツのOKUDA、TAKAHASHI、GINGA、BRUNAらが渋谷moduleで定期的に開催しているイベントであり、Stanislav Tolkachevは6月21日(土)のVETAにゲスト出演をする。また6月18日(水)にはBRUNAととにもDOMMUNEへの出演も果たすのでお見逃しなく。

STANISLAV TOLKACHEV

140613-tolkachev-ph

東欧テクノの現在進行形を形作った一人、Stanislav Tolkachevはソビエト連邦に生まれ、戦闘機パイロットの父親の元、重工業や宇宙船開発で賑わうウクライナの片隅で育った。ネット環境が無かった頃は、スピードガラージやジャングルなどのカセットテープを、その後ナップスターやネットラジオ、ネット上のレコードショップの試聴版を通じて世界中の音楽と触れることになる。Terrence DixonやSurgeonなどのアーティストから影響を受け、初めてのEPを米国のレーベル”Dark Techno Records”からリリース。現在では”Semantica”、”Geophone”、”Fullpanda”からもリリースを行い、ベルリンの”Tresor”のレジデントも務めている。センチメンタルでありながら硬質で独特な音色を放つアナログ・ライブセットが各所から注目を集め、特にここ数年ではベルリンの”Berghain”やパリの”Concrete”でのプレイにより知名度が急上昇している。かのDJ Peteからも今世界で最も注目すべきトラックメイカーと評されるウクライナの新星である。

VETA with Stanislav Tolkachev Live Set

  • 日時:2014年6月21日(土)23:00~
  • 場所:渋谷Module
  • 料金:2500円(前売)、3000円(当日)
  • 出演:Stanislav Tolkachev、OKUDA、TAKAHASHI 、BRUNA、Ginji、Kazuki Muraoka、Maki Shimoda、Akey、Koudai

TUNECORE JAPAN