2ndアルバム『Curiosities』が好評なニュージーランドのプロデューサー、ロード・エコーが初来日

NEWS by RandoM編集部 2014/04/03

140403-lordecho-main

ニュージーランドのプロデューサー、マイク・ファビュラスによるプロジェクト、ロード・エコーが来日する。

ロード・エコーは、2011年に1stアルバム『Melodies』を大阪発のレーベルWONDERFUL NOISEよりリリースし、洋楽で無名の新人にも関わらず異例の大ヒットを果たす。アナログレコードは即完売で、CD は現在もバックオーダーが絶えず、ロングセールスを記録中とのこと。特にシスター・スレッジ 「Thinking Of You」のラバーズロックカバーは、国内外のトップDJらからの支持を受け、ダンスフロアで今もヘビープレイされている。そして、2年ぶりとなる2ndアルバム『Curiosities』が2013年にリリースされ、こちらもアナログレコードは即完売。1stに引き続き、ソウル、レゲエ、アフロ、ファンク、ジャズを取り入れた独自の音楽性を存分に楽しめる内容となっている。

そんなロード・エコーの待望の初来日となる今回は、東京、新潟、京都の全国3カ所にてバンドセットでライブを披露。4月4日の東京公演は、セレクトショップvendorによるイベントOn The Floorとコラボしての開催となる。ロード・エコーのバンドメンバーからなるエレクトリック・ワイアー・ハッスル・サウンドシステムほか、DJにMURO、Michiharu Shimoda (Silent Poets)、ジュリアン・ダイン、grooveman Spotなど、豪華な共演者とともにお届けする初来日公演をお見逃しなく!

vendor Presents ON THE FLOOR ~LORD ECHO JAPAN TOUR 2014~

140403-onthefloor-1

  • 日時:2014年4月4日(金)22:00
  • 開場:代官山UNIT/SALOON/UNICE
  • 料金:3500円 Admission/4500円 Door
  • 出演:[Live]LORD ECHO/Electric Wire Hustle Soundsystem/toe/KUNIYUKI
    [DJ]MURO (King Of Diggin’)/Michiharu Shimoda (Silent Poets)/JULIEN DYNE(Wonderful Noise / BBE)ほか

LORD ECHO JAPAN TOUR 2014 ~Curiocities Release Party in Japan~

  • 2014年4月5日(土)新潟Gioia Mia
  • 2014年4月6日(日)京都METRO
  • 主催:ワンダフルノイズ・プロダクションズ
  • 協力:Vendor,Japonica,Cave Records

TUNECORE JAPAN