ブライダル演出で使用される楽曲の著作権を管理する団体、ISUMの本運用がスタート

NEWS by RandoM編集部 2014/04/02

isum_top

ブライダル・シーンにおいて、市販楽曲の適法利用を促すことを目的とし設立された、一般社団法人音楽特定利用促進機構(以下、ISUM)。同団体が4月1日より、結婚式などで使用される市販楽曲音源の著作権、著作隣接権の録音録画にかかる権利処理の手続きを、オンライン上においてワンストップで行うことができるシステムの本運用をスタートした。

ISUMを通すことで、ブライダル演出における楽曲使用の権利処理のために、楽曲利用者が個別にレコード会社と交渉を行い、その上で著作権管理事業者との手続きを踏む必要がなくなり、手続きの作業負担が大幅に軽減されることとなる。

またISUMは日本レコード協会を通じ、同協会会員のレコード会社から、多数のヒット曲、スタンダード曲の許諾を受けている。その楽曲リストから、使用したい楽曲を選択することで、権利処理が確実に行われることはもちろん、権利処理ができなかったために、新郎新婦の手元に届けられる記録映像の音楽が差し替えられるという心配もなくなる。今後ISUMは、レコード会社各社に対して、積極的な楽曲の開放を働きかけていくという。

また本運用始動にあたり、音楽評論家であり、一般社団法人日本作詞家協会の名誉会長を務める作詞家の湯川れい子氏がISUMの理事に就任。同時にISUMは、一般社団法人ブライダルビデオ協会とパートナー協定を締結。ブライダルビデオ製作会社と協力し、より現実的な申請業務の確立を図っていくという。

TUNECORE JAPAN