レッドブル・ミュージック・アカデミーが、ブライアン・イーノ、エリカ・バドゥら出演の長編ドキュメンタリー映画をデジタル無料配信

NEWS by RandoM編集部 2014/02/24

RBMA_FINAL_CAMPAIGN_Landsc_Right

今秋、日本に初上陸するレッドブル・ミュージック・アカデミーが、音楽家として生きることの真髄を描いた長編映画「What Difference Does It Make? A Film About Making Music」(日本字幕版)のデジタル無料配信を開始した。

レッドブル・ミュージック・アカデミーとは、若き才能を支援する世界的な音楽学校。映画「What Difference Does It Make? A Film About Making Music」は、昨年アカデミーが創立15周年を迎えたことを記念し、ドイツの人気映画監督ラルフ・シュメルバーグによって制作されたもの。2013年、レッドブル・ミュージック・アカデミーが開催されたNYを舞台としており、ブライアン・イーノ、エリカ・バドゥ、リー・ペリー、ナイル・ロジャース、Qティップ、ラキム、リッチー・ホウティンなど、すでに音楽で成功を収めた名だたるアーティストたちが出演。彼らが語る哲学的思想と、アカデミーに参加した若きアーティストの視点、音楽で生きることの葛藤を対比させながら、時に音楽の枠を超え、人生という普遍的なテーマを90分に凝縮させた作品となった。ぜひ視聴してみてほしい。

なお、レッドブル・ミュージック・アカデミー東京の参加者受付は3月18日までとなっている。

What Difference Does It Make? A Film About Making Music

What Difference Does It Make? A Film About Making Music 予告編

TUNECORE JAPAN