「閃光ライオット2014」開催決定、出場者募集中! 今年は「ダンスステージ」も

NEWS by RandoM編集部 2014/02/17

main

10代アーティスト限定の夏フェス「閃光ライオット2014」が、8月24日に日比谷野外音楽堂で今年も開催される。7年目を迎える今年は、新たにダンス・パフォーマンスの部門を創設。音楽部門、ダンス部門ともに3月31日まで出場者を募集している。

閃光ライオットは、TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」と、Sony Musicが共同開催するイベント。これまでGalileo Galilei、ねごとといったメジャー・アーティストを輩出してきたことで知られている。今年は、音楽表現に関わる「レギュラーステージ」のほか、初の試みとして「ダンスステージ」が創設された。どちらの部門も、ジャンルやスタイルに制限はなく、熱いパフォーマンスを披露する若い出場者を募集している。

見事、日比谷野外音楽堂のステージに進出し、そのなかからグランプリに選出されれた場合、レギュラーステージは賞金100万円と閃光レーベルからのリリース権、ダンスステージは賞金10万円が贈られる。メジャー・デビューを目指すバンドや、大きな舞台でなにか表現をしてみたいという若者はぜひとも、デモテープ、映像テープを送ってみてほしい。

閃光ライオット2014

  • 応募部門:
    レギュラーステージ(シンガー/シンガーソングライター/プレイヤー(ギター、ベース、ドラム、キーボード、DJなど)/ユニット/バンド/ラッパー/ダンスユニット/アイドル など)
    ダンスステージ(HIP HOP、HOUSE、LOCK、POP、ストリート系からアイドルまでスタイルは自由!)
  • 応募資格:応募時点で12歳~19歳(1994年4月2日~2001年4月1日生まれの方)
    ※バンドやグループの場合、メンバー全員が上記年齢であること、性別・国籍不問、4月下旬〜5月上旬に行われるスタジオ審査に参加可能な方
  • 応募締切:3月31日(月) ※当日消印有効
  • 閃光ライオット2014の応募方法詳細 

審査スケジュール

  • 一次審査/デモテープ、映像テープ審査/3月31日(月)締切
  • 二次審査/スタジオ審査/4月下旬~5月下旬
  • 三次審査/地区大会(ライブ審査)/6月~7月
  • 閃光ライオット/日比谷野外大音楽堂/8月24日

TUNECORE JAPAN