ブルーノート東京で、エルヴィス・プレスリーの娘リサ・マリーが初来日公演

NEWS by RandoM編集部 2014/01/31

ブルーノート東京で、エルヴィス・プレスリーの娘リサ・マリーが初来日公演

エルヴィス・プレスリーの愛娘としても知られるシンガー、リサ・マリー・プレスリーの初来日公演が、4月にブルーノート東京で行われる。

リサ・マリーは、2003年にアルバム『To Whom It May Concern』、シングル「Lights Out」が全米ヒット・チャートにランクイン。また2012年にリリース、Tボーン・バーネットをプロデューサーに迎えたアルバム『Storm & Grace』が大きな話題を集めた。

今回のライブではシンガー・ソング・ライターのエイミー・マン、フィオナ・アップルらとの共演で知られ、現在彼女のパートナーでもある、ギタリスト・マイケル・ロックウッドらの参加が決定。「キング・オブ・ロックンロール」と称された父親ゆずりの歌唱力とカリスマ性が結集したライブ・パフォーマンスをお見逃しなく。ブルーノート東京の同公演詳細ページでは、今後アーティスト本人からのメッセージなど最新の情報が随時更新されるとのことなので、ぜひこちらもチェックしてみよう。

 リサ・マリー・プレスリー 公演詳細

  • 日時:2014年4月8日(火)、9日(水)、10日(木)
    (1st)OPEN/START:17:30/19:00 (2nd)OPEN/START:20:45/21:30
  • 場所:ブルーノート東京
  • 料金:8,500円 ※飲食代別途
  • メンバー
    リサ・マリー・プレスリー(ヴォーカル)
    マイケル・ロックウッド(ギター)
    デイモン・フォックス(キーボード)
    ジョン・サンズ(ドラムス)
    ジェイミソン・ホリスター(ペダルスティール)

リサ・マリー・プレスリー/Over Me

TUNECORE JAPAN