ハウスミュージックの重鎮、STEFAN GOLDMANNが新作を12インチでリリース

NEWS by RandoM編集部 2014/01/27

M36_SG_Signs_Anzeige_500

実験精神旺盛なレーベルMacroのオーナーでベルリンハウスミュージックの重鎮、STEFAN GOLDMANNが新作『Signs Taken For Wonders』を12インチで今年3月にリリース。

ハウスと現代音楽を独自のアプローチで組み合わせたスタイルが特徴のプロデューサーSTEFAN GOLDMANNが待望の新作『Signs Taken For Wonders』を13インチでリリースする。今作はスペーシーでキックドラムと歯切れの良いベースラインが特徴になっており、「Minute Blaze」、「Peak Phosphorus」、「Beautiful Loot」、「Fat Tails」という4曲を収録。どの曲も夜を踊り明かしたくなるような仕上がりなので、ハウスDJやクラブミュージックファンは聴き逃し厳禁の内容となっている。

TUNECORE JAPAN