ギター&ベースも交えたカラオケ・パフォーマンスも! 「SIAM SHADE×JOYSOUND Special Talk Event」盛況のうちに終了

NEWS by RandoM編集部 2013/12/03

main

ロック・バンドSIAM SHADEとカラオケJOYSOUNDとのコラボ企画として、11月26日(火)に「SIAM SHADE×JOYSOUND Special Talk Event」が開催された。抽選で選ばれた100名のファンが見守るなか、メンバーのトークや、ファンによるカラオケ・パフォーマンスなど大盛況で幕を閉じたイベントの模様をお届けする。

sub1

イベントには、ボーカルの栄喜、ギターのDAITA、ベース・ギターのNATCHINが登場。メンバーが観覧者の質問に答えるコーナーでは、「普段カラオケではどんな曲を歌う?」という問いかけに対し、昔はよく女性ボーカル曲を選曲していた(栄喜)、 演歌をよく歌う(DAITA)、ドラゴンボールZのOP「CHA-LA HEAD-CHA-LA」が十八番(NATCHIN)と答えるなど、メンバーそれぞれの意外な一面が垣間見える。ファンからの質問以外にも、「ライブ前には気合を入れるためにスタッフがプロレス用のゴングを鳴らしている」、「栄喜が今回のツアー大阪公演で、コンタクトを入れ忘れた」などのエピソードを披露し、会場は盛り上がりをみせた。

トークの興奮もそのままに、もうひとつのスペシャル・イベントとして事前に抽選で選ばれたファンがメンバーを前にカラオケ・パフォーマンスを披露。ボーカル、ギター、ベースが当日に顔を合わせたという3組が出演し、SIAM SHADEの代表曲「1/3の純情な感情」、今年9月に12年ぶりにリリースされた新曲「Still We Go」や「グレイシャルLOVE」を本人の目の前で演奏。それぞれ息の合った巧みな演奏で会場を熱狂させた。最後には、サイン入りTシャツなどが当たるプレゼント抽選会も行われ、スペシャル・トーク・イベントSIAM SHADE×JOYSOUND Special Talk Eventは幕を閉じた。

sub2

カラオケJOYSOUNDでは、2011年にさいたまスーパーアリーナで開催された東日本大震災復興支援チャリティー・ライブ「SIAM SHADE SPIRITS ~RETURN THE FAVOR~」で披露された「1/3の純情な感情」「グレイシャルLOVE」「曇りのち晴れ」「Dear・・・」の4曲をLIVEカラオケとして配信しているとのこと。今年、本格的に活動再開をしたSIAM SHADEの楽曲をぜひカラオケでも楽しもう。

 

TUNECORE JAPAN