シンセを語り合うマンスリー・イベント「Synth Bar」、2周年記念で「アナログシンセ大爆発!!!」開催

NEWS by RandoM編集部 2013/11/14

analogsynth_w1145

シンセサイザー奏者の斎藤久師が主催する、ハードウェア・シンセを語り合うマンスリー・イベント「Synth Bar」が2周年を迎えた。これを記念し、11月23日(土)の代官山LOOPにて、シンセにこだわりを持つ5組のアーティストによるライブ・イベント「アナログシンセ大爆発!!!」が行われる。

Synth Barは、パソコンによるソフト・シンセでの音作りが当たり前になった今、もう一度ハードウェア・シンセの素晴らしさや魅力を再認識する、という目的のもと始まったイベント。毎月、アナログ・ヴィンテージ・シンセなどを取り上げ、徹底的な解説や、来場者が実機に触れる機会を設けるなど、充実の内容を誇ってきた。

今回の2周年イベントでは、主催者の斎藤久師率いるpulselizeやdubcidといったユニットによるライブが行われる。Synth Barで年間通して特集してきたシンセの魅力を「実演奏」という形で思う存分堪能できる。また当日は、来場者の中から抽選で1名様に、シンセサイザー「Roland GAIA Synth Bar Special Edition」をプレゼントする企画も実施。前売り券も残りわずかとのことなので、興味のある人はぜひ足を運んでみよう。

アナログシンセ大爆発!!!

    • 日時:2013年11月23日(土)
    • 場所:代官山LOOP
    • 出演:dubcid/galcid/ボブ・ローグ/Nimbus Sound/Pulselize
    • 料金:前売り 2,000円/当日2,500円 (ドリンク別)

SYNTH BAR Episode 18の模様(ダイジェスト)

TUNECORE JAPAN