英ヘビメタの勃興を記録したパネル展がタワレコ5店舗で開催中

NEWS by RandoM編集部 2013/10/15

d2535-274-531120-0

音楽評論家、伊藤政則による27年ぶりの書き下ろし単行本「目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像」。この本に掲載された貴重な写真を中心とするパネル展が、全国5ヶ所のタワーレコードで開催中だ。また、これに伴い、電子書籍版「目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像」の半額セールも実施されている。

「目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像」は、1979年にロンドンへと渡った筆者が、NWOBHM(ニュー・ウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘビー・メタル)の勃興を目の前で体感し、アーティストたちとの交流を通じてその実態を記録した、資料価値の高いノンフィクション書籍。同書には写真家のウィリアム・ヘイムスによる当時の写真が数多く収められているが、今回のパネル展では、それらを中心とした貴重な記録の数々が展示されている。開催店舗は、タワーレコード新宿店、千葉店、難波店、梅田NU茶屋町店、梅田大阪マルビル店の5店舗(渋谷店では関連CDを販売)。展示内容は各店舗ごとに異なっているので、気になる方はなるべく多く回ってみよう。また、数量限定でサイン本も販売されているほか、購入特典も用意されている。
 
これに伴い、電子書籍版「目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像」の半額セールも実施中。このセールは、Amazon Kindleストアおよび学研電子ストアにて10月30日まで行われている。こちらも併せてチェックしよう。

TUNECORE JAPAN