ヴィクター・ウッテンやマーカス・ミラーが登場! ベース・ファン必見のライヴがビルボードライブで連続開催&チケット・プレゼント実施

NEWS by RandoM編集部 2013/08/06

130802-bass-billboard

8月のビルボードライブは、ベース・ファン必見のライヴが満載だ。8月19・20日のビルボードライブ東京/22日のビルボードライブ大阪でヴィクター・ウッテン、そして27日~29日の大阪、31日~9月3日の東京でマーカス・ミラーが登場する。

まずは“低音ファンタジスタ”の異名をとる希代のテクニシャン=ヴィクター・ウッテンが、8月19日(月)&20日(火)にビルボードライブ東京、22日(木)にビルボードライブ大阪にてライヴを行なう。ウッテンの来日は約3年半ぶりで、前回同様に兄のレジー(g)とジョセフ(k)を率いたステージとなる。今回はヴォーカルの参加もアナウンスされているので、ベースのテクニック前面に出すのではなく、歌を支えるスタイルでライヴが行なわれる可能性もある。とは言え、“ウッテン・ブラザーズ”が同じステージに立つ以上、彼らのライヴではおなじみのウッテンvsレジーによる“ソロ対決”は見られるハズ。スラップ、タッピングなど超人ワザ駆使して展開される怒濤のバトルには、開いた口が塞がらない。ウッテンの歌伴ベースも超絶ソロも楽しめそうなこのライヴ。低音ファンは見逃せない。

そして、昨年、5年ぶりのアルバム『ルネッサンス』をリリースし、来日公演を開催したマーカス・ミラーが、8月27日(火)~29日(木)に大阪、8月31日(土)~9月3日(火)に東京でライヴを行なう。ドラムは近年のマーカスを支えているルイス・カト(彼はベースもうまい!)で、ふたりのキレのあるコンビネーションに期待だ。マーカスのプレイの最大の特徴である“フレーズの歌い回し”は、生で聴くとさらに凄みを感じる。ぜひとも会場で極上の低音に酔いしれてほしい。昨年はトレード・マークである77年製ではなく、73~74年頃のジャズベを手にしたマーカスが、今年はどのベースでステージに立つのか、その点にも注目したい。

ベース・ファンは楽しみこの上ない“低音祭り”。なんと、ビルボードライブがこれらの公演のチケットを提供してくれた。興味のある人は、氏名、住所、電話番号、年齢、好きなベーシストを添えて以下のフォームで送信してほしい。トップ・ベーシストたちの最高のプレイを、会場で体感しよう。

ビルボードライブ東京/大阪 ライブ・チケット・プレゼント

 

  • プレゼントに応募する(応募フォームのページが開きます)

※応募受付は終了いたしました。ご当選者には編集部よりご連絡を差し上げております。どうぞよろしくお願いいたします。

ヴィクター・ウッテン

  • 東京:
    8/19(月)2nd ステージ
    開場20:45 開演21:30
    1組2名
  • 大阪:
    8/22(木)2nd ステージ
    開場20:30 開演21:30
    1組2名

マーカス・ミラー

  • 東京:
    9/2(月)2nd ステージ
    開場20:45 開演21:30
    1組2名
  • 大阪:
    8/28(水)2nd ステージ
    開場20:30 開演21:30
    1組2名

TUNECORE JAPAN