フジロック’13注目プレイヤー ステージにしがみついて観たいドラム・プレイ! 編

NEWS by RandoM編集部 2013/07/24

フジロック’13注目プレイヤー ステージにしがみついて観たいドラム・プレイ! 編

バンド・サウンドを支えるドラマーのプレイも見逃せない! フジロック’13直前企画、今回はドラム・プレイにぐぐっと注目しよう!

苗場を熱狂の渦に巻き込む野性味溢れるドラミング
中村達也(MANNISH BOYS, THE GOLDEN WET FINGERS)

130723-nakamura-a

フジロックの常連で、数々の伝説的パフォーマンスを繰り広げて来た中村達也。今回は斉藤和義とのデュオ、MANNISH BOYSで2日目のWHITE STAGEに、チバユウスケ&イマイアキノブとの新バンド、THE GOLDEN WET FINGERSで3日目のGREEN STAGEにそれぞれ登場。野性味溢れるダイナミックなドラミングでオーディエンスを熱狂させてくれるはずだ。

変幻自在なサウンドをまとめる超人的プレイ
Adam Deitch(LETTUCE)

130723-llec-a

クラブ系ビートを人力で再現する超人ドラマー、アダム・ダイチ。彼が参加する8人組のジャム・バンド、LETTUCEが3日目のFIELD OF HEAVENのトリを飾る。変幻自在なファンク・サウンドをまとめ上げるテクニカルで音楽的なアプローチをぜひ体感してほしい。

歌を支えるジョンの軽快なグルーブ
John McEntire(THE SEA AND CAKE)

130723-johnmc-a

トータスの頭脳であるジョン・マッケンタイアが、もう1つのパーマネントとして長年に渡り活動しているザ・シー・アンド・ケイク。トータスでは複数の楽器を操り、多彩なサウンドを奏でるジョンだが、こちらではドラムに専念。歌を支える軽快なグルーブは必聴もの!

THE SEA AND CAKEをYouTubeで見る

TUNECORE JAPAN