フジロック直前! 注目プレイヤー アコギの音色に癒されたい! 編

NEWS by RandoM編集部 2013/07/17

130712-frf-agm

いよいよ今月末にせまったフジロック2013。今回は「予習」企画として各楽器パート別に注目のプレイヤーをピックアップしていこう。まずはアコースティック・ギタリストの4組=RON SEXSMITH、PRISCILLA AHN、トクマルシューゴ、小池龍平&長久保寛之が登場。フジ当日、彼らを招いて行われる公開インタビュー&サイン会も必見だ!

トクマルシューゴ
日本が世界へ誇る多重録音芸術家

130712-frf-tokumaru

Photo:Hideki Otsuka

最新作『イン・フォーカス?』では100種類以上の楽器(一部非楽器)を使用し,どこか幻想的でひねりの効いたポップな音世界を構築してみせたトクマルシューゴ。マルチ・インストゥルメンツ・プレイヤー/ソングライターとしての魅力はもちろん,超一流なアコースティック・ギタリストとしての実力を存分に味わいたい。

RON SEXSMITH
稀代のメロディーメーカーが紡ぐ 翳りあるロマンティックな世界に酔いしれたい

130712-fef-ronse

Photo:AGM

カナダの吟遊詩人にして,稀代のメロディーメーカー,ロン・セクスミスが新作『フォーエバー・エンデバー』を引っさげ,1年ぶりにフジのステージへバック。内省的で美しいメロディを核にしたフォーキーでポップな,唯一無二のアコースティック・ワールドが期待される。現在世界最高のソングライターのひとりを見逃すまじ。

PRISCILLA AHN
ピュアでキュートな実力派がフジを癒す

130712-priscilla

Photo:Casey Curry MID

邦楽曲のカバー・アルバムも持つ,エレクトロでオーガニックなサウンドを身上とする親日派の女性マルチ・インストゥルメンタル・プレイヤー/シンガー/ソングライター。アコギでの弾き語りを中心とした今回のステージにて,シルキーなアコースティック・サウンドと,透明感溢れるピュア・ボイスを浴びて,身体の芯から癒されたい。

小池龍平&長久保寛之
若き達人ふたりが織り成す音楽世界旅行

130716-frf-4

日本人離れしたリズム感覚の持ち主で、南米の風をまとったリズム・ギターを弾きこなす小池龍平と、Caravanや曽我部恵一、Keison、児玉奈央らのオーガニック・サウンドを支えてきたさすらいのギタリスト、長久保寛之によるユニットの登場。

フジロック2013“GAN-BAN SQUARE GAN-BAN/MTV ステージ”にて
アコースティック・ギター・マガジンVol.57掲載特集に連動した
トークショー&サイン会を実施!

130712-frf-intv

Photo:GAN-BAN

フジロック2013の会場にて,アコースティック・ギター・マガジンVol.57“注目すべきシンガー/ソングライターの作曲術”に連動したトークショー(公開インタビュー)とサイン会を開催。アーティストによっては代表曲数曲のライブ演奏も予定。フジロック2013へ来場される方はぜひとも足を運んでいただきたい。詳細は下記のとおり。

  • 場所:GAN-BAN SQUARE GAN-BAN/MTV ステージ
  • 出演:ロン・セクスミス,プリシラ・アーン,トクマルシューゴ,小池龍平&長久保寛之
  • 司会:五十嵐正(音楽評論家),相川浩二(本誌編集長)
  • 出演時間:
    ロン・セクスミス:7月26日(金)15:30〜
    プリシラ・アーン:7月27日(土)12:45〜
    トクマルシューゴ:7月27日(土)16:30〜
    小池龍平&長久保寛之:7月28日(土)12:30〜
  • 読者の質問を受付中!
    テーマは,“シンガー/ソングライターの作曲術”。アコースティック・ギターを使った作曲法にまつわる疑問を中心に,音楽の考え方,好きなコード進行,影響を受けたソングライター,はたまた機材のことなど,出演アーティストにぜひ聞いてみたい質問を下記メールアドレスまで。
    info★rittor-music.jp(★を@にして送信ください)
    会場で読み上げる際のペンネームも要記載

※サイン会参加条件は,会場内フジロック・オフィシャル・レコード・ショップ“岩盤”にてアーティスト対象CDをご購入された方のみとなります。
※アーティストの都合・天候等により時間変更や出演キャンセルとなる可能性があります。
※タイムテーブルについては当日ブースにて発表いたします。

TUNECORE JAPAN