オーガニックをテーマにした、新しいアルゼンチン音楽を紹介するディスク・ガイド

NEWS by RandoM編集部 2013/07/05

130705-ongakutechou-main

「アルゼンチン音楽手帖 Organic Music of Argentina」は、音楽&旅ライターである著者、栗本斉による、新しいアルゼンチン音楽を紹介するディスク・ガイド。選盤のテーマはずばりオーガニック。とはいえ、タンゴやフォルクローレといったメランコリックなものだけでなく、ロック、音響派、クラブミュージックまでを巧みに織り交ぜ、長らくアルゼンチン、ひいては南米音楽に、独自の視点で触れてきた著者ならではの洗練されたガイドとなっている。

著者の栗本と言えばクラブ・ミュージック専門誌『GROOVE』(2000年6月号)で日本のレア・グルーヴ論を執筆するなど、当時からその審美眼には一目置かれていた存在でもある。
音楽一辺倒だけでなく、日本との関わりや、ファッション、食などのコラムも秀逸。単なるディスクガイドというよりは、著者の愛情がたっぷり詰まったアルゼンチン・ガイド本と言えそうだ。価格は2,100円。

 

TUNECORE JAPAN