マイケル・ジャクソン最後のツアー・ギタリスト、オリアンティが待望の2ndアルバムをリリース

NEWS by 編集部 2013/03/19

7867

マイケル・ジャクソン最後のツアーとして予定されていた「THIS IS IT」ツアーのギタリストとして指名されたことで話題になり、2009年にアルバム『ビリーヴ』でデビューした女性ハード・ロック・ギタリスト、オリアンティが待望の2ndアルバムをリリースすることが決定した。

マイケル・ジャクソンのツアー・ドキュメント映画「THIS IS IT」でのリハーサル・シーンでその麗しいルックスとは対照的に「BEAT IT」などの曲を弾きまくる姿を見せ、ファンの心を掴んだオリアンティ。前作は日本でも20万枚のセールスを記録し、大ブレイクを果たした。待望の2ndアルバムは、ユーリズミックスのデイヴ・スチュワートをプロデューサーに迎え、ナッシュビルにてレコーディングされた。「このアルバムは、本当にヘヴィなロックのリフや、エネルギー満載のブルースといった自分の持ち味を充分に見せることができている。こんなアルバムをずっと作りたかった」と語るオリアンティ。マイケルの目に狂いがなかったことを証明する、自信作となっているようだ。また、アルバムからのファースト・シングル「フローズン」のリリック・ビデオが公開されているので、チェックしてみよう。

  1. ヘヴン・イン・ディス・ヘル
  2. ユー・ドント・ワナ・ノウ
  3. ファイアー
  4. イフ・ユー・シンク・ユー・ノウ・ミー
  5. ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?
  6. フローズン
  7. ロック
  8. アナザー・ユー
  9. ハウ・ダズ・ザット・フィール?
  10. フィルシー・ブルース
  11. イフ・ユー・ワー・ヒア・ウィズ・ミー
  12. ベター・ウィズ・ユー (日本盤ボーナス・トラック)
  13. セックス・イー・ビザー (日本盤ボーナス・トラック)

関連リンク

TUNECORE JAPAN