「東京・春・音楽祭」で現代音楽作品ばかりを集めた演奏会「フランス発、最先端の音響実験空間」開催

NEWS by 編集部 2013/02/25

1f2cf24f6bd8d7c9bf9a729f363947ef_1

3月から4月の約1か月にわたり、上野の東京文化会館や美術館、博物館などの文化施設を中心に有料・無料あわせて100公演を開催する音楽祭、「東京・春・音楽祭」が開催される。

「東京・春・音楽祭」は新演出のオペラの上演を中心とする「東京のオペラの森」として始まり、その後「東京・春・音楽祭」と名称を変えて続いている音楽祭。9年目となる今年は、音楽祭では初となる現代音楽作品ばかりを集めた演奏会が開催される。4月5日(金)には「ircam×東京春祭 – フランス発、最先端の音響実験空間」と題して、ircam(フランス国立音響音楽研究所)で作曲された作品を演奏。また、関連イベントとして2日にわたりトーク・セッションも開催される。初日の4月3日(水)は、ircamコンピュータ・ミュージック・デザイナーで電子音楽作曲家のブノワ・ムーディックを招き、ircamについて紹介。
2日目の4月4日(木)は、5日のConcert1でも取り上げる作曲家ヤン・マレシュを招き、ircamでの作曲のプロセスを紹介する。ircamで作られる音楽の神髄に触れることができそうだ。

「ircam×東京春祭 – フランス発、最先端の音響実験空間」

  • 日時:4月5日(金)
  • Concert1 / 18:30開演
  • Concert2 / 20:30開演
  • 会場:日経ホール

「Concert1」は、1960~70年代生まれの作曲家がircamで作曲した作品を、現代音楽のソリスト集団アンサンブル・クール=シルキュイによる演奏でお届け。「Concert2」では、ircam創設者で初代所長のピエール・ブーレーズの作品と、昨年ircamで作曲された作品の東京初演を行う。

ircam × 東京春祭 トークセッション vol.1 「知るーイントロダクション」

  • 日時:4月3日(水) 18:30~19:30
  • 場所:SPACE NIO(大手町 日経ビル2F)
  • 出演:ブノワ・ムーディック(ircamコンピューター・ミュージック・デザイナー/電子音楽作曲家)

ircam × 東京春祭 トークセッション vol.2 「試みるー作曲家ヤン・マレシュを迎えて」

  • 日時:4月4日(木) 13:00~14:00
  • 場所:SPACE NIO(大手町 日経ビル2F)
  • 出演:ヤン・マレシュ(作曲家)

関連リンク

TUNECORE JAPAN