OTOTOYで1bit/5.6MHzのDSD音源配信がスタート

NEWS by 編集部 2013/02/06

studio

音楽配信サイトOTOTOYが、1bit/5.6MHzのDSD音源の配信をスタートした。第1弾リリースは、『サウンド&レコーディング・マガジン』主催のPremium Studio Liveシリーズより、Cojok+徳澤青弦カルテットの『QUANT(5.6MHz Ver.)』。

2009年にHQD配信(24bit/48KHz、24bit/96KHzのWAVデータなど)、2010年にDSD(1bit/2.8MHz)配信をスタートしてきたOTOTOY。昨年末には、シブヤヒカリエにて期間限定でDSD音源体感スペース「OTOTOY DSD SHOP」をオープンさせ、オトトイの学校、企画記事など、さまざまな形でDSDの普及や音楽を聴く形の提案などに取り組んできている。

そんなOTOTOYが、DSD対応PC周辺機器やオーディオ・コンポーネントの相次ぐリリースなど、DSDの再生環境が整いつつある今、満を持して「5.6MHz」の配信を解禁した。第1弾となるCojok+徳澤青弦カルテット『QUANT(5.6MHz Ver.)』は、昨年3月に行われた『サウンド&レコーディング・マガジン presents Premium Studio Live Vol.6』で収録された音源の5.6MHzバージョンだ。

Cojok+徳澤青弦カルテット『QUANT (5.6MHz Ver.)』

発売日 : 2013年2月5日(火)
販売価格 : 1,000円

関連リンク

TUNECORE JAPAN