[Event Report]XLAND FESTIVAL 2012

NEWS by 編集部 2012/10/19

01_122_XLAND-356_K

Photo:KAZ

野外フェスの面白さは、自然の中で音楽を聴くという非日常さにある。その非日常を味わうために、人々は都心から遠く離れた山中などに足を運ぶ。しかしキャンプ泊をやむを得なかったり、車を使用しないと行けない場所だったり、休暇を取らなければならなかったりと、気軽に野外フェスに参加するのは困難な場合が多い。
2011年に初めて開催されたFREAKS FESTIVALが、2012年に名前を改めて開催したのが、XLAND FESTIVALだ。開催地である“さがみ湖プレジャーフォレスト”は、新宿から約60分いう好ロケーションで、これまでの野外フェスにおける参加の困難さを覆したと言えるだろう。

残暑が残る9月。最後の夏フェスと言える当日は、朝からあいにくの雨模様だったが昼過ぎには晴れ間が見え、朝から降り続けた雨が良い感じに涼しさをもたらしてくれていた。

ステージは全部で3つが設置されていたが、ステージ間の距離も近かったので、移動は快適であった。雨天時は木の下で雨宿りをする人もいれば、タープの下でバーベキューをする人も多く、思い思いに楽しめる空間が広がっていた。

02_95_DSC-138_F
Photo:Satoru Fueki

 

03_48_XLAND-160_K
Photo:KAZ

 

音楽ステージのほかにもキッズ&ファミリーゾーン、リラクゼーションエリアなどが設置され、子ども連れでも楽しめるというのが特徴的であった。父親に肩車をされたり、母親と一緒に踊ったり、小さな頃から素晴らしい音楽体験ができるキッズたちの将来が、楽しみでならない。

BABY__166_XLAND-365_K
Photo:KAZ

 

04_147_DSC-181_F
Photo:Satoru Fueki

 

05_92_DSC-103_F
Photo:Satoru Fueki

 

今年のヘッドライナーはフレンドリー・ファイヤーズ。彼らが出演した“PLEASURE STAGE”は、インディロック、ポップ、ダンス、エレクトロニカなど、ジャンルも国境も越えたラインナップで楽しませてくれた。

PLEASURE_9_XLAND-77_K
Photo:KAZ

 

06_XLD12_1445_Z
FRIENDLY FIRES

Photo:ZAI

 

07_XLD12_0434_Z
ULRICH SCHNAUSS

Photo:ZAI

 

08_0901-83_O
SEAHAWKS

Photo:Erico Oomori

 

09_XLD12_0610_Z
DJ KRUSH

Photo:ZAI

 

10_XLD12_0254_Z
SHUGO TOKUMARU

Photo:ZAI

 

11_XLD12_0866_Z
OGRE YOU ASSHOLE

Photo:ZAI

 

12_XLD12_0101_Z
THE BEAUTY

Photo:ZAI

 

GROOVE本誌でもインタビューをしたジョー・クラウゼルをはじめ、トップクラスのDJ陣が競演を繰り広げていたのが“FOREST STAGE”だった。新緑の森の中で聴くダンスミュージックほど心地よいものは無い。

2bafa912025b35c841a1e9b69d1a3b73
Photo:Satoru Fueki

 

13_0901-181_O
RUB N TUG

Photo:Erico Oomori

 

14_0901-103_O
JOE CLAUSSELL

Photo:Erico Oomori

 

15_0901-249_O
DEADBEAT with TIKIMAN

Photo:Erico Oomori

 

16_XLAND-107_K
KENJI TAKIMI

Photo:KAZ

 

17_0901-21_O
DJ SODEYAMA

Photo:Erico Oomori

 

18_XLAND-418_K
DJ NOBU

Photo:KAZ

 

エントランスから最寄りのスペースに設置されたステージが“DIESEL:U:MUSIC”がサポートする“SOCIAL CLUB”。ここではサウンドをVJによる映像がシンクロし、心地よいエレクティックな音で踊らせてくれた。

SOCIAL_32_XLAND-185_K
Photo:KAZ

 

19_0901-270_O
LEGOWELT

Photo:Erico Oomori

 

20_0901-167_O
COS/MES

Photo:Erico Oomori

 

21_0901-112_O
GONNO

Photo:Erico Oomori

 

22_0901-77_O
DJ YAN

Photo:Erico Oomori

 

23_0901-42_O
NINO

Photo:Erico Oomori

 

イベント終了後は、そのままキャンプ泊ができるというのも、関東以外の遠方からの来場客にとっては便利な点であっただろう。帰路も大きな混雑はなく、トータルで見るととにかく“快適さ”の度合いが高いフェスであった。参加客の多くは野外イベントに慣れている層が多く、さらに運営側のケアもあって初心者でも過ごしやすかったという部分が、XLAND FESTIVAL 2012を最高の野外フェスティバルにした大きな理由であったと言える。今後リピーターや新規のお客も増え、さらパワーアップしてくだろう。来年の開催も楽しみに待ちたい!

24_194_XLAND-415_K
Photo:KAZ

TUNECORE JAPAN