ESPミュージカルアカデミー、2013年4月に「レコードメーカーコース」を新設

NEWS by 編集部 2012/08/31

120830_esp_tokyo-main

専門学校ESPミュージカルアカデミーは、同校のマネジメント科に2013年4月より「レコードメーカーコース」を新設することを発表した。

マネジメント科レコードメーカーコースでは、レーベルスタッフ(レコード会社)という立場から、アーティストやマネージャーなどとミーティングを重ね、CDを作り上げるまでの一連の流れを学ぶための講座や実習が行われる。加えて、宣伝や販売戦略など、エンタテインメント業界で活躍するために必要な知識と経験を身につけるための授業も行われる。2年間のコースにより、レーベルスタッフや宣伝プロモーター、販促プロモーター、A&R、ディレクター、音楽出版社、音楽制作会社、音楽配信事業などの職業に適した人材を育成する。

なお、同校のマネジメント科は2013年4月より、従来のマネジメントコース、ファンクラブスタッフコース、エンタテインメントキャリアコースに加え、新設のレコードメーカーコースという全4コースで構成されることになる(エンタテインメントキャリアコースは、大学・短大・専門学校卒、および社会人対象)。

TUNECORE JAPAN