誌上ギター・コンテスト「Guitar Magazine Championship vol.6」開催!

NEWS by 編集部 2012/07/06

1206-gmc-main

ギター・マガジン主催の誌上ギター・コンテスト”Guitar Magazine Championship”が今年も開催!今回の課題曲を制作してくれたのは、本コンテストで2度の準グランプリを受賞し、現在はフュージョン・シーンの最前線で引く手あまたの大活躍を続ける菰口雄矢だ。過去最強クラスの難易度となっているので、君のテクニックを試す絶好の機会となるはずだ。ふるって応募してくれ!

今年の課題曲のお手本音源

課題曲は、菰口雄矢が作曲した渾身のナンバー「The Bitter End」。この曲をもとに自身のギター・プレイを聴かせてほしい。

下のプレーヤーの曲名をクリックするとお手本音源が試聴できます。
応募用カラオケ音源はギター・マガジン6月号に付録!

1206-gmc-ph.jpg

Message from 菰口雄矢

16分でハネてるリズムにうまく乗り、
コード進行の構成音を把握して下さい。

テンポをそこまで速くせずにスピード感を出すために、16のノリでハネてるファンキーな感じの曲にしました。このリズムはけっこうクセ者だと思います。 リズムにうまく乗ることで、いいドライブ感を出してほしいですね。それから、コード・プログレッションが少しやっかいなんで、構成音を把握しておくのもポイントだと思います。
何度かこのコンテストに応募した立場から言えるのは、正しい演奏に凝り固まるのはもったいないというか。なにか強烈な個性を見せるほうがいいと思うんです。音色とかタイム感、歌い方などを工夫して、自分にしか弾けないギターと音楽を聴かせてほしいと思います。とにかく、とことんやって楽しんでほしいですね。楽しんでギターを弾いて、それが結果的に人を楽しませているんであればそれは一番幸せなことじゃないですか。そういう逸材を待っています。それで、いつか僕と共演しましょう!

応募用音源&譜面はギター・マガジン2012年6月号に付録・掲載!

募集部門

  • クリエイティブ部門
    オリジナル・フレーズを演奏! グランプリ&準グランプリを目指せ!!
  • 完コピ部門
    課題曲を完璧に再現! 完コピ大賞を目指せ!!

エントリー方法(詳しくはGM6月号をチェック!)

Step1 Step2 Step3 Step4

ギター・マガジン
2012年6月号で
課題曲&部門を選択

エントリー・シート
(GM6月号P137)に
記入&
P57の応募券を添付

音源を録音!!

音源とエントリー・シートを
送付

  • 応募締め切り:2012年8月10日(金)
  • 応募曲は1人1曲1テイクのみ!
  • 音源の収録は、CD-R、MD、カセットテープのいずれか。
    選んだ楽曲の曲名と氏名をケースに必ず明記してください。
  • 応募音源・動画をYouTubeにアップしてもOK!ただし、あくまでも音源の送付での応募になるので、送付も忘れずに
  • 複数曲・テイクの応募は失格となります。
  • 録音の方法は問いません。多重録音、パンチインなどもOKですが、菰口氏のトラックを使用したり、オケのトラックに編集を施したものは失格とします。
  • 楽曲および応募音源、その他の権利はすべてギター・マガジン本誌に帰属します。
  • 応募音源およびエントリー・シートは返却いたしませんので、ご了承ください。
  • 年齢、性別、国籍、プロ/アマは問いませんが、特定のレーベルに所属しているアーティストの方は参加をご遠慮ください。

審査の流れ

GM10月号
1次審査
通過者発表

GM11月号
2次審査
通過者発表

GM12月号
ファイナリスト発表!

  • 第1次審査:ギター・マガジン編集部による審査
  • 第2次審査:本誌で執筆するライター/ギタリスト数名による審査
  • 最終審査:菰口雄矢、本誌編集長ほかによる審査で、グランプリと各賞を決定

気になる豪華賞品はこちら!!

4910029330629-thumb240x.jpg

応募用音源と譜面を掲載!
ギター・マガジン 2012年6月号

■Special Program
誌上ギター・コンテスト
“Guitar Magazine Championship”が今年も開催!

第6回目となる今回の課題曲を制作してくれたのは24歳の若きプロ・ギタリスト、菰口雄矢。フュージョンを基調にした渾身の課題曲「The Bitter End」にチャレンジしてほしい!

豪華賞品発表!

協賛:神田商会/ギブソンジャパン/キョーリツコーポレーション/コルグ/Sugi Guitars/トーラスコーポレーション/ブートレッグ/FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH/Line 6 Japan/ローランド(五十音順)

GUITARS

EPIPHONE 70th Anniversary John Lennon “Revolution” Casino

価格:1,512,000円  提供:ギブソンジャパン

エピフォン・カジノを世界に知らしめたジョン・レノン。本器は,ジョンが愛用したナチュラル・フィニッシュ仕様のカジノの復刻モデルだ。もとはサンバーストが吹いてあった塗装をはがし,ナチュラルにリフィニッシュした仕様から,ペグをクルーソン→グローバーに換えた際の残ったネジ穴まで,細部にわたり完全再現がなされた1本だ。

1206-gmc-4.jpg

GIBSON CUSTOM SHOP LEE ROY PARNELL GOLDTOP

価格:646,800円  提供:ギブソンジャパン

カントリー畑で活躍する米国南部のスライド・ギタリスト,リー・ロイ・パーネルのシグネチャー・レス・ポール。57年製モデルが土台だが,ボディのカッタウェイがバックにいくにしたがって深く削られていたり,ヘッドが黒く塗られていたりと随所にこだわりが見られる。ネックはやや太めだが,ラウンド型のネック・シェイプなので扱いやすい。ピックアップはPAFをモチーフとしたモデルがマウントし,上品なキャラクターを生み出す。

1206-gmc-5.jpg

GIBSON  FIREBIRD X

価格:582,750円  提供:ギブソンジャパン

ギブソンから発売されたロボット・ギターの進化型モデル。同時に11種まで登録できるオート・チューニング機能に加え,異なる個性を持った3個のミニ・ハムバッカーとサドルに内蔵されたピエゾ・ピックアップの組み合わせで,多彩なサウンド・バリエーションを生んでくれる。また,左ホーン部には手元で切り替えが可能な6タイプのエフェクト・コントロール(モジュレーション/エコー/リバーブ/コンプ/ディスト–ション/EQ)が装着されている。

1206-gmc-6.jpg

GIBSON  SUPER DOVE

価格:485,100円  提供:ギブソンジャパン

“DOVE(=ハト)”の名のとおり,ブリッジやピックガードに合計7羽のハトをあしらった優雅なエレクトリック・アコースティック・ギター。ボディはジャンボ・サイズながら薄めとなっており,立って歌いながら弾く際に力を発揮するだろう。また,ネックは薄めにできているので,エレキ弾きがストレスなく弾けるのも魅力だ。なお,ピックアップ・システムはフィッシュマンのAURAを採用している。

1206-gmc-7.jpg

Sugi Guitars   RMG

価格:273,000円  提供:Sugi Guitars

ハンドメイドによる高いクオリティのギター作りで確かな実績を残してきたSugiが新たに展開する,アメリカ製のニュー・モデル。杉本眞(Sugi代表)が絶大な信頼を置く旧友のティム・ウィルソン(シャーベル/ジャクソンのマスタービルダーなどを務めた)が製作にあたった。フェンダー・タイプの6連ペグと,スタンダードに通底するシンプルなボディ・シェイプがクール。

1206-gmc-8.jpg

LINE 6 JTV-59 JAMES TYLER VARIAX 

価格:オープンプライス(市場実勢価格155,000円前後) 提供:Line 6 Japan

ビンテージのLPタイプをベースに製作されたモデリング・ギター。ストラトやレス・ポール,リッケンバッカーなどのエレクトリック・モデリング,シタールやバンジョー,アコギなどのアコーティック・モデルなど計28種のビンテージ・ギター・モデルを搭載。また,11種のチューニング機能も付いており,カスタマイズも可能だ。L.R.バッグスのピエゾ・システムも装備。

1206-gmc-9.jpg

VANZANDT  BROKEN ARROW

価格:オープンプライス(市場実勢価格139,650円前後)  提供:トーラスコーポレーション

“Neo-Vintage”をテーマにしたハイ・クオリティなギター製作で知られるヴァンザントから発売された,オリジナル・シェイプのエントリー・モデル。独自のカットが施されたボディは小ぶりで取り回しが良い。エントリー・モデルとはいえ,指板はマダガスカル・ローズウッドで,ニトロセルロース・ラッカー・フィニッシュを採用しているのも見逃せない。

1206-gmc-10.jpg

GRETSCH ELECTROMATIC G5435T PRO JET

価格:94,500円  提供:神田商会

グレッチの伝統的デザインやサウンドを引き継ぎつつ,ハイ・コストパフォーマンスを実現した”エレクトロマチック・シリーズ”。本器はフィルター・トロン・ピックアップとビグスビー・アームを装備したモデルで,ボディはチェンバー構造となっている。グレッチ特有のあの”クリスピー・サウンド”が存分に楽しめる1本。

1206-gmc-11.jpg

VOX APACHE-I

29,800円  提供:コルグ

ビザールなルックスで人気の”TEARDROP”シェイプのアンプ内蔵トラベル・ギター。リズム・ボックスを搭載しているのもポイントで,ブルース系ビートからレゲエ,ファンク,変拍子まで合計66種類ものパターンを内蔵している。また,AUX端子があるため,音楽プレイヤーをつないで好みの曲とセッションしたりもできる。チューニング・メーターを内蔵しているのもうれしい。

1206-gmc-12.jpg

AMPLIFIER

PEAVEY VYPYR TUBE 120 HEAD

価格:89,250円  提供:キョーリツコーポレーション

ピーヴィーのモデリング・アンプ・シリーズ”VYPYR(ヴァイパー)”の120Wアンプ・ヘッド。音圧のある本格的なチューブ・サウンドに高度なモデリング技術を組み合わせ,12個のアンプ,11個のエフェクト,11個のラック・エフェクトなどバリエーションも豊か。また,それらをプリセットすることも可能だ。宅録派にとっては,PCとつなげるUSB端子やチューナー,タップ・テンポがついているのも魅力だろう。

1206-gmc-13.jpg

AND MORE!

Roland  eBand JS-10

価格:オープン・プライス(市場実勢価格40,000円前後)  提供:ローランド

ギタリストのために専用設計されたオーディオ・プレイヤー。プリセットされたバッキング・パターンやお気に入りの音源に合わせて練習やセッションを楽しんだりできる。また,ローランド独自のテクノロジー,COSMによる高品位のマルチ・エフェクトや,最大4,000曲までストックできるオーディオ・プレイヤーを装備。さらに2人同時プレイができる2chインプットや2.1chサウンド・システムにも注目。

1206-gmc-14.jpg

Freedom Custom Guitar Research
Transpoter Bag Blackbird for Guitar

価格:9,800円  提供:Freedom Custom Guitar Research

細部までこだわった製品でユーザーから高い支持を受けるフリーダム・カスタム・ギター・リサーチのギグバッグ。従来のものよりも頑丈かつ厚めのクッションが入っており,耐久性は抜群。A4サイズの大きなポケットや,角度付きネックを入れる場合も考慮したネック・クッション,湿度調整剤を入れるポケットなど,随所にフリーダムならではのこだわりが見られるアイテムだ。

1206-gmc-17.jpg

BOOTLEG  EDGE WILD EDW-1.0

価格:24,150円 提供:ブートレッグ

新開発の”SOLID TUBE”回路を内蔵したプリアンプ・ブースター。クリーン・アンプにつなげば,適度にエッジを立たせた心地よいトーンを獲得でき,音が不明瞭になりがちなダウン・チューニングでリフを弾く際などに活用するとまさにピッタリ。また,プリアンプ的性格も持っているので,原音を崩すことなくブーストすることも可能だ。シリアルは58201 0045。

1206-gmc-15.jpg

BOOTLEG  BLUES#NINE BLN-1.0

価格:25,200円 提供:ブートレッグ

ツイード柄のルックスが物語る通り、アメリカン・アンプを意識したビンテージ・タイプのクランチ・サウンドを作ってくれるオーバードライブ(シリアル58211 0104)。チューブ・アンプをブーストさせる際にも存在感を見せつけ、ブルース系のプレイヤーなどにはピッタリの逸品。

1206-gmc-16.jpg

第一次審査通過者全員に贈呈!

ERNIE BALL COBALT SLINKY(10-46)

独自の製法により,鉄とコバルトを調合した世界初のマグネティック合金仕様の弦。従来のニッケル合金よりも高い磁性体が特徴で,パワフル&クリアなトーンが得られる。

提供:神田商会

1206-gmc-18.jpg

贈呈賞品につきまして

賞品は,グランプリ1名,準グランプリ2名,完コピ大賞1名,さらに審査員特別賞および優秀賞の若干名に贈呈されます。対象賞品は,グランプリ→準グランプリ→完コピ大賞→審査員特別賞若干名→優秀賞若干名の順に,審査ポイントの高かった方から希望の賞品を選んでいただきます。ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

 

TUNECORE JAPAN