オーディオテクニカの創立50年を記念した書籍『音・音・音。音聴く人々』

NEWS by 編集部 2012/06/25

120625_audio-technica-book-main

株式会社オーディオテクニカの会社創立50年を記念した書籍『音・音・音。音聴く人々』が、幻冬舎より5月29日に発売された。

『音・音・音。音聴く人々』は、オーディオテクニカの根幹ともいうべき”音”に、様々な角度からアプローチした書籍だ。

この本に登場するのは、坂本龍一、渡辺香津美、村治佳織、鈴木雅明、アラン・パーソンズ、フィル・ラモーン、さらにはホールの音響設計者など。これら様々な方面で音に携わる人びとが、音そして音楽について語る。加えて聴覚の仕組みや音響設計、サウンドデザイン、録音と再生の歴史なども紹介。人々を感動させる音というものの正体を多角的に解剖した内容となっている。

定価は1,575円。

TUNECORE JAPAN