移調楽器のチューニングもスムーズにできるコルグの新しいクリップ式チューナー

NEWS by 編集部 2012/05/23

120516_KORG_AW2plus-main

ブラスバンドやオーケストラの現場ではもはや定番となっているコルグの管楽器・弦楽器向けクリップ式チューナー「AW-2」に、新機能を追加したモデル、「AW-2+」が登場した。

「AW-2+」で新たに追加されたのは、移調(トランスポーズ)機能。Transボタンを押すたびに、F→B♭→E♭→C(移調しない)と切り替わるので、これにより移調楽器のチューニングもスムーズに行うことができる。

発売は2012年6月上旬予定。

AW-2+の主な特長

  • 管楽器や弦楽器に直接取り付けてチューニング可能なケーブル要らずのクリップ・オン・チューナー
  • 管楽器向けに移調機能(C, E♭, F, B♭)を搭載、簡単に変更可能
  • 様々なオーケストラ楽器の形状にフィットする大小2種類のクリップを付属
  • マルチ・アングルを可能にするダブル・ボール・ジョイントによりディスプレイ部の可動範囲が格段にアップ
  • バックライト内蔵によりステージなどの暗いシチュエーションでも視認性抜群
  • バックライトのパターンは低輝度のソフト・モードと高輝度のオート・モードを用意
  • オート・モード時は音の入力が無いと電池消耗の少ないソフト・モードに自動で切り替わる省エネ設計
  • コルグ独自のクリップ・デザインにより様々な楽器へ安定フィット
  • 楽器の振動を拾うピエゾと内蔵マイクとの切り替えが可能
  • 音の響きを豊かにする純正な長3度、短3度の音程を示すマーク付き
  • メーター・リバース機能付きでディスプレイを縦向きにしても違和感なくチューニングが可能
  • さまざまなコンサート・ピッチに対応するキャリブレーション機能搭載
  • 電源切り忘れによる電池の消耗を防ぐ、オート・パワー・オフ機能搭載
  • メモリー・バックアップ機能搭載

関連リンク

TUNECORE JAPAN