ピエール中野のプロデュースによるドラムチューニングセミナー 締切間近!

NEWS by 編集部 2012/04/13

120413_dts-main

凛として時雨のピエール中野のプロデュースによるドラムチューニングセミナーが、5月27日(日)に、豊橋のライブスペース「オレンジピット」で開催される。

講師を務めるのは、ピエール中野氏と、ライブ業界で絶大な信頼を集める土田”つっちー”嘉範氏。この2人が、ドラムのチューニングをテーマに豪華なセミナーを行う。

応募方法はエントリーフォームで申し込む「遠方枠」(4月15日締切)と、シライミュージック店頭で申し込む「地元枠」(4月16日締切)の2通りがある。また応募者多数の場合は抽選となる。いずれも締切が近いので、参加希望者は早めのご応募を。

凛として時雨 ピエール中野プロデュース ドラムチューニングセミナー
ドラムテクニシャン 土田”つっちー”嘉範に聞く チューニング/音作りのコツ

土田”つっちー”嘉範 プロフィール

1969年生まれ。11歳の頃、YMOの高橋幸宏氏に衝撃を受け、ドラムを始める。以後、七転八倒抱腹絶倒酒池肉林ノンキナ父サンの毎日。現在はフリーのドラムテック&ローディー、(矢沢永吉、吉田美奈子、POLYSICS、吉井和哉、凛として時雨、ギターウルフ、SNAIL PAMP、DOES、ザ・50回転ズ、など)たま~にドラマーとして、ユルく活動中。自身のLIVEは年一回。Rogersのドラムと酒とタバコと読書を愛する、43歳、178cm、100kgの堅太り。カホンには怖くて座れません。

ピエール中野 プロフィール

手数・足数を駆使した高度なテクニックと表現力で豪快かつ繊細な圧倒的プレイ・スタイルを確立。サブカル的な独自の視点と卑猥なマイク・パフォーマンスでごく一部のファンから熱狂的な支持を得ている。ドラム・メーカーであるTAMAからは、日本人初となるシグネチャー・ドラム・セット発売、シグネチャー・スネアの予約即完売など、前例のない功績を残した。また、凛として時雨とは別に「CHAOTIC SPEED KING」という3人組即興ユニットでも活動しており、ドラマーとしての可能性を常に模索し広げている。また、DJやコラム連載(リズム&ドラム・マガジンなど)、ヒップホップ集団「玉筋クールJ太郎」のメンバー、ギター/楽器小物の商品開発など、幅広く精力的な活動を展開している。

TUNECORE JAPAN