ホスピタルの首領を迎えて開催する“HOSPITAL NIGHT”

NEWS by 編集部 2012/04/24

screenshot_01

ホスピタルの首領、ロンドン・エレクトリシティとリキッド・ドラム&ベースの奇才、UTAH JAZZを迎えた、DRUM & BASS SESSIONS 2012″HOSPITAL NIGHT”の開催が決定した。

昨年リリースされたスタジオアルバム『YIKES!』がロングセラーを更新中の、ロンドン・エレクトリシティ。今回スペシャルゲストとして、話題曲「ロンドンは夜8時」で共演したAMWEによる、ライヴPAも決定している。そして2012年3月にリリースした新作『GROOVE THERAPY』で話題沸騰中のリキッド・ドラム&ベースの奇才、UTAH JAZZが初来日を果たす。さらに日本を代表するMAKOTOがライヴインストゥルメンツを交えたスペシャルセットで参加。

DRUM & BASS SESSIONS 2012 “HOSPITAL NIGHT”

  • Date:2012.05.19 (Sat)
  • Place:UNIT 渋谷区恵比寿西1-34-17 ザ・ハウスビル B2F
  • Open/Start: 23:30
  • Price:¥3500(Adv)、¥4000(Door)
  • Info:UNIT 03-5459-8630
  • Url:www.unit-tokyo.com

〈Ticket〉

PIA(0570-02-9999/P-code: 167-413)、LAWSON(L-code:74833)、e+(UNIT携帯サイトから購入できます)

  • clubberia/ http://www.clubberia.com/store/
  • 渋谷/disk union CLUB MUSIC SHOP(3476-2627)、TECHNIQUE(5458-4143)、GANBAN(3477-5701)
  • 代官山/Bonjour Records(5458-6020)
  • 原宿/GLOCAL RECORDS (090-3807-2073)
  • 下北沢/DISC SHOP ZERO(5432-6129)、JET SET TOKYO(5452-2262)、
  • disk union CLUB MUSIC SHOP(5738-2971)
  • 新宿/disk union CLUB MUSIC SHOP(5919-2422)、Dub Store Record Mart(3364-5251)
  • 吉祥寺/Jar-Beat Record(0422-42-4877)、disk union(0422-20-8062)
  • 町田/disk union(042-720-7240)
  • 千葉/disk union(043-224-6372)

LONDON ELEKTRICITY (Hospital Records)

LONDON-ELEKTRICITY2-199x300

“Fast Soul Music”を標榜するドラム&ベースのトップ・レーベル、Hospitalを率いるLONDON ELEKTRICITYことTONY COLMAN。音楽一家に生まれ、7才からピアノ、作曲を開始した。大学でスタジオのテクニックを学んだ後、’86年にアシッド・ジャズの先鋭グループIZITで活動、3枚のアルバムを残す。’96年に盟友CHRIS GOSSと共にD&BレーベルのHospitalを発足し、LONDON ELEKTRICITYを始めとする数々のプロジェクト・ネームでリリースを開始する。LONDON ELEKTRICITYは生楽器を導入したD&Bを先駆け、’98年の1st.アルバム『PULL THE PLUG』はジャズ/ファンクのエッセンスが際立つ豊かな音楽性を示す。’03年には2nd.アルバム『BILLION DOLLAR GRAVY』を発表、熟成されたサウンドにディープなソウルが息づく大傑作となり、同アルバムの楽曲をフルバンドで再現する初のライヴを成功させる。’05年の3rd.アルバム『POWER BALLADS』はライヴ感を最大限に発揮し多方面から絶賛を浴びる。’06年にはライヴ音源と映像ドキュメントを収めた『LONDON ELEKTRICITY LIVE AT THE SCALA』をリリース。’08年には4枚目となる『SYNCOPATED CITY』で斬新な都市交響楽を奏でる。そしてHospital設立15周年の昨’11年、通算5作目となるスタジオ・アルバム『YIKES !』を発表、ロングセラーを続けている。
http://www.hospitalrecords.com/
http://londonelektricity.com/
http://www.facebook.com/londonelektricity
http://twitter.com/londonelek

UTAH JAZZ(Vintage Recordings)

ロンドン出身のUTAH JAZZは兄の影響でKool FMを聞きジャングルに心酔しDJを開始。’90年代末からは初期Metalheadzを経てメジャーに進出したALEX REECE、WAX DOCTORとの交流が始まり、ALEXのスタジオでサポートを務め、2000年にALEXと共にレーベル、Fallen Angels 21、’02年に自身の名を冠したサブレーベル、Utah Jazz Recordingを立ち上げ、数々の共作やソロ作を発表する。その後、独立し自己のスタジオを構えたUTAH JAZZは’03年、”Jumpstart”がLONDON ELEKTRICITYのHospitalにライセンスされ(『V.A./PLASTIC SURGERY 4』収録)、’04年には”Harlem”でBRYAN GEEのLiquid Vに迎えられ、一躍リキッド・ドラム&ベースの注目株となる。そして’05年の”Runaway” はBBCの”tune of the year”となり、’06年RONI SIZE & DJ DIEのクラシックをリミックスした’It’s A Jazz Thing’で一気にブレイク。’08年にはLiquid Vから1st.アルバム『IT’S A JAZZ THING』を発表、FABIO、LTJ BUKEMを始め、GILLES PETERSON、ROSS ALLEN等からも支持を得る。’10年、UTAH JAZZは新たに自己のレーベル、Vintage Recordingsを設立し、シングル3作と2nd.アルバム『VINTAGE』を発表。そして’12年、待望の3rd.アルバム『GROOVE THERAPY』がリリースされ、今まさにリキッド・ドラム&ベースの最前線に立っている。注目の初来日!
http://www.utahjazz.co.uk/
http://www.facebook.com/utahjazzuk

TUNECORE JAPAN