元タワー・オブ・パワー、グレッグ・アダムスの最新作

NEWS by 編集部 2012/03/13

EastBaySoul2Cover_WEB

元タワー・オブ・パワーのトランペッター、グレッグ・アダムスがニュー・アルバム『EAST BAY SOUL 2.0』をリリース!

サックス&ブラス・マガジンvol.20のタワー・オブ・パワー(以下TOP)特集でインタビューに登場して頂いた、グレッグ・アダムスの最新作が編集部に届きました。

スムース・ジャズ路線でソロ・アーティストとして大成功を手にしたグレッグですが、最新作では前作『EAST BAY SOUL』のサウンドを踏襲し、ホーン・セクションを全面的にフィーチャーしています。マーヴィン・ゲイ「ホワッツ・ゴーイン・オン」のカバーを含むボーカル・チューンを全10曲中6曲収録。そしてうれしいことにグレッグのTOP時代の盟友、リー・ソーンバーグが今回はトランペットではなくトロンボーンで参加。TOPをほうふつさせる厚みのあるホーン・サウンドをバックに、グレッグのトランペット・ソロを存分に堪能することができます。さらにリーと同じく1990年代のTOPに在籍したハーマン・マシューズがドラムで、そして演奏には加わってないもののキーボードのニック・マイロが作曲で参加しているところもTOPファンなら見逃せません。

『EAST BAY SOUL2.0』をAmazon.co.jpで購入する  

 

TUNECORE JAPAN